スラックスの腰回りの内側は色移りが起こりやすいので早めに染み抜きして取り除きましょう

スラックスの腰回りの内側は色移りが起こりやすいので早めに染み抜きして取り除きましょう

はい、お洋服の生地に色移り等のトラブルが発生する原因としては様々な事が考えられます。

その原因と思われる色んな事が重なって起こる事柄の一つに、水分と摩擦と温度が同時に発生する箇所が特に色移りやトラブルが起こりやすい部分なんですね。

例えばスラックスの腰回りの内側やベルトループ等の締め付けのある個所です。

おはようございますオノウエです。

その部分は他の個所よりも圧力が掛かっておりますので、汗による水分と関節部の動きによる摩擦と体温の温度が重なって生地の色を痛めやすい環境が生まれてしまうのです。

 

水洗いが出来る表示であっても表生地が濃い原色だったり致しますと長時間水分にさらされる事により裏地に表生地の色が染み出てくるケースは多くあります

水分は長時間お洋服の生地に付着した状態が続きますと、お洋服の生地にとってはかなりのダメージになってしまい弱っている色(染料)が滲んでしまう事もあるんですね。

特に製造されてから時間の経っているお洋服は、着用により色(染料・色素)が徐々に劣化して傷んでしまいでしまい色移りは起こってしまうのです。

これを防ぐには過度な連続使用を控える事や、着用後にはシッカリと洗って汗抜き処理を行う事が必要不可欠になります。

今回の事例では早い段階で色移りに気が付いた事で取り除く対策が出来ましたので、比較的綺麗に色移りを取り除く事が出来ました。

もしも色移りの染み抜きを他店で断られた場合でもご相談下さいね♪

ではでは~。

【クリーニング店で断られた染み抜きのお問い合わせはこちら】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。