黄色く見えるのは殆どの場合が色素ですので黒い汚れとは対照的に物理的な衝撃では殆ど取れません

ジャケットやトレーナーの袖口リブはスレによる皮脂汚れで黒い汚れが蓄積しやすく定着してしまうと取れにくくなりますので早めにシミ抜きで取り除きましょう

はい、リブ袖口ですが蛇腹状の凸凹部分にはやはりスス汚れが入り込んでしまい、汚れが定着しやすく着用していると段々と黒ずんだ汚れとなります。

その黒ずみの汚れの成分の殆どは皮脂の油汚れとスス(カーボン)ですので皮脂落としの水洗い洗剤を使ったりドライクリーニングで油膜を落としてから、黒ずみであるスス(煤・カーボン)を物理的に衝撃を与えて取り除きます。

物理的な衝撃とは昔なら洗濯板や竹ササラで擦ったり致しましたが、今では水流や超音波で生地にダメージを与えずに不溶性(水にも油にも溶けない固形物質の事)の黒ずみであるスス(煤・カーボン)を物理的に取り除く事が可能になりました。

おはようございますオノウエです。

クリーニング屋さんでは最新式の機械を使って、黒ずんだ汚れを生地にダメージが発生しない様に取り除きますのでご安心を♪

 

黒い汚れとは別に皮脂汚れが酸化して変色した黄色い汚れ(黄色い変色)がある場合には全く取り除く方法が違います

例えば黒ずんだ汚れは取り除いたのに今度は黄色い汚れがその下から出てきたって事もあるんですね。
その黄色い汚れは黄色く変色してしまった生地で変色の可能性が高いのです。

その原因は皮脂汚れが酸化(腐食)して変色した黄色い汚れ(黄色い変色)ですので、黒い汚れとは対照的に物理的は衝撃では殆ど取れません。

実はシミはその種類によっては全く取り除く方法が違うんですね。

そう致しますと黄色くなってしまった皮脂汚れが酸化(腐食)して変色した黄色い汚れ(黄色い変色)を取り除く為の方法は、化学的な漂白作用などの力が必要になってくるんです。

一度でもお洋服を着用致しますと袖口は勿論の事、襟元や脇の部分等の稼動する関節部分には必ずと言っていいほど皮脂汚れやスス等の黒い汚れも付いてしまいます。

更には、時間が経ちますと黄色く変色してしまう恐れもありますので着用したら早めの対策が重要なのです。

特にエリや袖口のお肌に触れやすい部分は色がよく抜けたり変色してしまいますので特に注意が必要ですね。

お家で洗えるお洋服でも取り切れない汚れや黄ばみが気になった場合には、染み抜きで対応出来る場合も多くありますので是非ともご相談くださいね。

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。