かなり濃い色になって浮き出てきたオレンジ色のシミも元々は透明な汗の成分なのです

お洋服に付着した時には透明な汗の成分もそのままの状態で時間が経ってしまいますと変色して取れにくいシミに変化致します

はい、汗の成分はお洋服に付いていたとしても付いて直ぐの場合には乾いてしまいますと目には見えませんので何も付いていない様にみえます。

ですが殆どの場合には着用すればお肌に直接触れるお洋服の生地部分には汗の成分が付いておりますので水洗い出来るお洋服は着用したら洗って汗の成分を直ぐに取り除く事が重要です。

水洗い出来ないお洋服の場合には濡れたタオル等で生地を挟み込んで汗の成分を取り除く「汗抜き」が必要になるんですね。

おはようございますオノウエです。

自己流で濡れたタオル等で生地を挟み込んで汗の成分を取り除く「汗抜き」を行う場合には、生地によっては輪の様なシミが発生致します。

ですので、洗濯事故を無くす為に出来ればクリーニング屋さんの特別なコースである水を使用した「汗抜きコース」や「Wクリーニング」等でお願い致しましょう。

 

もしも気になる変色を見つけた場合には変色してもっと取れにくくなってしまう前の出来るだけ早めに取り除きましょう

因みに長期にわたって生地に付着したままの汗の成分が残っているシミの場合には、生地の繊維が濃縮された汗のアルカリ成分により劣化が生じて繊維が瘦せて細くなってしまったり変色したり等のダメージが発生します。

その状態になっている時に更に強力な漂白力を掛けてしまいますと、その漂泊作用の負荷により少しの衝撃でも繊維が切れてしまったりする状態になってしまいます。

お品物によっては既に劣化が激しく完全に取り除く事が難しい場合もありますので、古いシミの場合には特に手間と時間が掛かる場合も有ります。

ですが残ってしまった色素を見えにくくする「色修正(染色補正)」の特殊技術もありますから、現状よりも良くなる事が多いですので諦めてしまう前に是非ともご相談下さいませ。

ではでは~。

「お洋服でもお洋服以外のお品物の染み抜きでもお困り事ご相談はこちらまでご連絡下さいませ」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。