普通のドライクリーニングではウールのスーツに水は使いません

ファイル 2016-07-01 13 27 56

普通のお洗濯ではウールのスーツに水は使いません

はい、ホント暑い日が続いております!

おはようございます、オノウエです。
クリーニング屋の作業場では、蒸気をふんだんに使いますので何もしなくても汗は出ますが全然痩せません(笑)

汗をかくのと痩せるのはあんまり関係ないみたいです♪

 

ええ、今の時期ですと夏物のスーツは薄いので比較的に分からないのですが、合いもののスーツの場合ですと出やすい症状があります。

いつも履いているスーツの下ですが、膝のあたりが触ってみると、ノリが効いてるんじゃないかって言うくらいゴワゴワしていませんかね??

 

実はソレ、ひざ汗によって硬くなっているんです

 

イスに座る時なんかには、手のひらで足モモあたりをさするクセとかないですか?
これも影響があります。

この足モモ部分は、汗等の成分によりウールがだんだん汚れてきて、硬くなってきやすいんですね。

さらに、ひどくなると獣臭の様なニオイもでます。
育ちざかりのお子さんのいらっしゃる家庭では、よく学生服などがそんな臭いが致しますよね。

あっ!
お家で水洗いをしているのなら全く問題ありません。
ニオイも気になりません。

ですが、ウールの学生服の水洗いとなるとお家のお洗濯ではかなりハードルは高いです。
もっと厳密に言うと、お家でも水洗いは出来ますが縮みます。

着用できる状態に、仕上げるのが難しいのです。

 

ですので、いつもクリーニング屋のドライクリーニングしかしていない場合だと、どうしても汗の成分が残り生地も硬くなり、汗が色素を破壊して色が変色したり薄くなったりするのです。

生地が硬くなっているかの確認の方法は、まず片手で腰から膝小僧までの間を手のひら全体でつまんだりして触ります。

その後、空いているもう片方の手で裾の部分をサワサワしてみます。

 

するとどうでしょう?

 

裾の生地より、膝の生地の方が硬いと思いませんか?

硬くないなら大丈夫なのですが、もし違和感を感じるほどの硬さがあるなら、すでにウールの水溶性の汚れを除去する特殊処理方法、『ダブルクリーニング』の対象になっています。

 

 

ファイル 2016-07-01 13 27 5677

『ダブルクリーニング』(ウエットクリーニング)とは

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

通常ウール製品は、クリーニング屋さんではドライクリーニングで処理を行う場合が多いのですが、水溶性の汚れは完全に取り除くことが出来ません!

ですので、ウエットクリーニング(水を使って洗う)と言う特殊方法を使います。

それがダブルクリーニングです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

仕上がり後は柔らかい風合いとサラッとした手触りに変わります

料金が別途かかりますので、頻繁には行わなくても全然OKです!

気になる時や、衣替えのしまう時にオススメ致します。
ちなみに、お洋服のニオイも抑える事が可能ですのでぜひぜひお試しを♪

注)類似品の、汗抜きドライクリーニングと言う水を使わない種類のクリーニングは、効果が少ないですのでオススメ出来ません、お店選びはお間違いなく。

 

そういう事で、宣伝でした♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。