梅雨時のジメジメ季節にはお洋服のカビ発生にご注ください下さいませ

 

カビを防ぐには水分を発生させない事が重要です

はい、最近の様な梅雨時のジメジメ季節にはお洋服にカビが発生する事があります。
カビは、必ず水分のある所で発生致します。

ようするに水滴の様な湿気のある所にしか存在出来ませんので、水蒸気などのすぐに消えてしまう様な霧の状態の水ではカビは発生致しません。

でも、カビってどうして出てくるのでしょう?

おはようございますオノウエです。
カビは水が霧の状態ではカビは発生致しませんが、結露で水滴になるとカビが出来るんです。

それは、水にカビが酵素をかけて栄養分を取り入れるからなんです。
酵素は水に濡れていないと反応出来ないから水が必要なんです。

ちなみに、着物を湿気の多いタンスにずーーーっと仕舞ったままにしていると茶色の星の様な模様のシミが発生します。
まあ実際にこのシミの事を『ホシ』、と言いますがこれもカビなんですね。

 

カビが生えない様にする4つの対策

そこで、『カビの生える条件を断つ方法を4つ』書いてみました。

① 空気を入れ替える

これよく聞きますよね、王道です!
湿度を下げる事は、もっとも有効な手段です。

100%抑える事は出来ませんが発生を少なくする事は可能です。
こまめに換気いたしましょう。

お洋服も環境によってカビ対策の方法も変わりますので、お洋服もクローゼットやタンスなどの構造や配置や環境によっては、やり方を変えないといけませんね。

地面が元々沼地で埋め立てられて作られたお家等は比較的湿気が多いとお客様からお伺いした事があります。

そんな、換気しにくい湿気の多い場所であれば扇風機やクーラーなどを利用して空気の対流を作るのも方法だと思います。

② 温度差を発生させない

結露が出るような急激な温度の差を出さず湿度を60%以下に保つ事。

フローリングに敷きっぱなしのマットで寝ていると人間の体温で温度差が出来てマットを裏返してみると人型にカビが生えている事もあります。

これは、笑いごとではありませんよね。

マットを敷きっぱなしで使用している方は時々敷布団の裏をご確認下さいね♪

③ 乾燥剤を使用して定期的に交換する

はい、置いて見てビックリ!
すごく水が溜まります。

こんなに湿気が沢山あったんだと驚くかもしれませんね。
乾燥剤に溜まった水は塩化カルシウム(路面が凍結しないように撒くやつです)と言う水になり、強アルカリ性なので皮製品等に付着すると収縮させるのです。

ですのでこぼしたりしない様に取り扱いには注意大です。
すぐに溜まるので、定期的に交換しましょう。

ホームセンター等で、水取り○○ってネーミングで売ってます♪

④ クリーニングして直す時にビニールカバー等は必ず取る

クリーニングやシミ抜きは直す前には必ず終わらせておきましょう。
そうする事でカビが好む栄養源を少しでも少なくする事が出来ます。

クリーニング後にはお洋服は袋に入っていますが、これは運搬時に汚れない様にする一時的なカバーなので長期保存に向いていません。

この袋もお洋服に温度差を作り湿気を作る原因となるので必ず取って下さいね。

 

もうすでにカビがお洋服に生えてしまっている場合には

もし、カビがすでに生えちゃった場合にはご家庭のお家洗いではまず漂白する事でしか取る事は出来ません。

表面に乗っているだけならクリーニング屋さんの通常のドライクリーニングで取れるのですが、大概カビの根が残っておりこれが生地を傷めたり色を傷めたりする原因となります。

出来ればクリーニングプロショップに『カビのしみ抜きで!』とお願いして下さい。

別料金がかかると思いますが日々勉強をされているクリーニングプロショップなら落とせます。

カビが落ちてもカビの影響で色が破壊され生地の色が無くなってしまう事がよくあります。
ですが、色も痛んでいて無くなってしまってもある程度修正はできます。

でも、生地の痛みは戻りませんのでそこはご了承くださいネ♪

ではでは〜。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。