白いものはより白くと言う蛍光増白剤入りの洗剤はキナリのお洋服には使わないでくださいね

洗剤の種類には大まかに分けると蛍光増白剤入りと無蛍光の洗剤がある

はい、洗剤の中には白いお洋服がより白く見える様に蛍光増白剤と言う成分が入っている洗剤があります。

お洋服でも白いワイシャツの様に元々白く見えないといけないものには、製造の段階から生地に練り込まれて入っている事も多くあるのが蛍光増白剤です。

この染料のような薬品には黄色っぽい色を白く見せる為の効果があるんですね。
ですので黄色っぽい色のお洋服をこの成分の入っている洗剤で洗ってしまうと白くなってしまうんです。

おはようございますオノウエです。
ちなみに1度生地に浸透した蛍光増白剤はほとんど取れませんので蛍光増白剤入りの洗剤を使用する時には要注意です!

あの有名な石けんが落ちると評判なのは蛍光増白剤が入っているからなのです

お子様の白い靴下を、その石けんで擦ってから洗うと白くなると言う人気の固形石鹸にもこの成分は入っております。

元々白いお品物にはかなりの効力を発揮致しますので人気があるんですね♪

ちなみにドライマークの付いたデリケート素材のお洋服を洗う時に使うリキッドタイプには入っていない種類が多いです。

何故なら黄色い淡色系のお洋服を洗う事が想定されるからなんですね。
という事で、
もしお洗濯に使う場合には成分表の成分表示を見てシッカリと使い分けましょう!

基本的には蛍光増白剤が入っている洗剤は白いお洋服に使いましょう。
その他の場合には蛍光増白剤が入っていない無蛍光の洗剤で洗いましょう♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。