パンツの皮ラベルから出て来た皮の色移りは取る事が出来ますか?

もしも皮ラベルから出た色がパンツに移ってしまっても諦めないでくださいませ

はい、おしゃれアイテムの永遠の定番であるホワイトデニムのパンツですが殆どの場合は違う色の皮ラベルが付いていたり致します。

お洗濯表示は水洗いが可能なのに、いざ洗ってみると皮ラベルから色が滲んでしまいシミの様になってしまう事があるんですね。

そんな時にはどうしていますか?
殆どの場合は諦めてそのまま着用すると思います。

でも、それでも!
やはり気になる人は気になります!

そんな時にはシミ抜きをして頂ければ結論から言いますと殆ど取る事は可能です。

おはようございますオノウエです。
その場合にはラベルを一旦パンツから取り外してシミ抜き後にまた取り付けるというふなお仕事になります♪

 

皮ラベルが濃色の場合には色が出る可能性ごあります

このビフォー&アフターは皮ラベルの色が白いパンツの後ろに少しついてしまった事例です。
この様に線の様に付いてしまうと流石に気になりますよね。

でも、もし色が移ってしまっても出来れば自分で取ろうとして決して擦ったりはしないでくださいね。

擦るのは禁物です!!

擦ると衣類にダメージが残るのと生地に色がさらに浸透して取りにくくなりますからね。
一度でも色の出た皮ラベルはその後も色が出てしまう可能性があります。

そんな時には是非ご相談下さいね♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。