ダウンジャケットにペンキが付いた時にクリーニング屋さんにしみ抜きを断られてあきらめて捨てたりはしていませんか

マンションの外壁塗装中にまさかのペンキがダウンジャケットに付いてしまった時にはどうしていますか

はい、たまにお受け致しますのがマンションの改装工事現場で誤ってのお洋服に付いてしまったペンキのしみ抜きご依頼です。

拭きつけの塗装やペンキがお洋服に付いてしまうシチュエーションはかなり稀とは思いますが、マンションの老朽化による改装工事現場などがありますといつも通る場所に拭きつけの塗装やペンキと接触する機会が出来てしまいます。

そして、
今の時期ですとそんな時に限って塗料が付いてしまうのが高級ブランドのダウンウエア―だったりするんですね。

そんな事になってしまったらかなり落ち込みますよね(笑)

おはようございますオノウエです。
いやいや笑い事ではありませんでした!

そんな改装工事現場などでは塗装中の壁や柱に当たってしまいお洋服の上から下までベットリと塗料が付いてしまう事もホント珍しくありませんので特に工事中の場所の近くを通る時には気を付けたいですよね♪

 

お洋服に付いてしまってから何もしてない状態なら実は落とせるかも知れないペンキやアクリル絵の具などの塗料

最近ではペンキが付いてしまい一度クリーニング屋さんに持って行った際に断られてしまいますと、ほとんどの場合がその時点で残念な事に捨てられてしまう場合が多いのです。

そりゃそうですよね。
プロに聞いてみてダメだったのですから。

しかし勉強をしているしみ抜きの出来るクリーニング屋さんならペンキ等の塗料は9割は取れると思います。
そこまで落ちないとしても現状よりはかなり良くなると思います。

ただし既に塗料を取ろうとして何かしらのアクションをお洋服に対して起こしている場合には、塗料が浸透してしまっていたり生地が傷んでしまったりしていますと生地によっては大変取れにくくなってしまいます。

実際にはしみ抜き処理をしてみないと分からない部分もありますが現状よりも良くなる事がほとんどですので、まずは起こりうるリスク等もお伝えしたうえでご納得頂いてからのお預かりになります。

お洋服がまた着用出来る様になると僕も嬉しいですからね♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。