洗っても漂泊しても取り切れない黒いシミは無理に取ろうと致しますと余計に繊維に入り込んでしまいます

黒いシミが繊維に入り込んで取れなくても無理に擦ったりはしない様に十分に気を付けましょう

はい、お家でのお洗濯で何回洗っても取れないシミの種類の一つに水にも油にも溶けないスス(墨)の様な成分である「不溶性の汚れ」と言うのがありまます。

お洋服に付いてしまった取れない黒いシミの場合にはこの「不溶性の汚れ」の場合が多く無理に取ろうとしても溶けずに細かく砕けてしまい繊維の中に余計に入り込んでしまうのです。

おはようございますオノウエです。

同じ種類のシミにはボールペンのインクの種類であるゲルインクであったり、墨汁や花粉などがありいずれも洗っても染み抜きしても落ちない状態になってしまう事が非常に多いんですね~。

 

あともう少しが落ちない落ちにくくなってしまった黒い汚れはそれ以上は取れなくなってしまうのです

お家では何をしても落ちないシミの状態は当然の事ながらプロでも簡単には取り除けないかなり厄介な落ちにくい頑固なシミです。

ですが、水にも油にも溶けない状態の固形物質を取り除く方法が無い訳ではありません。

生地に入り込んだ黒い微粒子を特殊なシミ抜き剤で繊維から浮かせて離しその状態の内に、生地に対しては極小の負担で水流による物理的な力で弾き飛ばして取り除く事が可能なんですね。

今回の様なお家では取れにくいお洗濯での厄介者である黒い汚れのスス(墨)は、殆どの場合が油や水も混じっている複合体の汚れです。

固形の細かい固形物質である黒い汚れは繊維に付いてしまった場合には取れにくいです。

ですので出来れば何もせずに早めの段階でご相談下さいませ♪

ではでは~。

【お近くにご相談出来るクリーニング屋さんが無い場合には染み抜きや変色のご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す