裾上げテープを取りたくて取ろうとしたけど全然取れない時にはどうされていますか?

取れてはいけない裾上げテープは当然と言えば当然ですが意外と取れにくいです

はい、先日に裾上げテープをもう取り除いて欲しいとのご依頼をお受け致しました。
簡易的に裾上げが出来る裾上げテープですが最近の裾上げテープは結構粘着力も強力で中々取る事が出来ない商品も多くなってきました。

取り敢えずは生地を剥がす事が出来ても全着質が生地に付いて中々取れないのです。

お家で手で剥がそうとしてもちゃんと取れませんし、ガムテープでくっつけて取っても全然キレイに取れません。

爪でカリカリして取れたとしてもかなりの時間が掛かってしまいます。

おはようございますオノウエです。
そんな取り切れない裾上げテープの粘着質でもプロのしみ抜きなら落とす事はほとんどの場合には可能なんですね♪

 

くっ付いたりネバネバしたりするものは油を取る力で大概は取る事が出来ます

例えば裾上げテープ以外にもお洋服に結構付いてしまって取りにくいのが脇汗パットの粘着質です。
たまにべっとりと粘着部分がスーツの裏地の脇部分にくっついて取れなくなっているケースもあります。

そんな時にはクリーニング屋さんでドライゾールと言う有機溶剤(汚れを溶かして取る溶剤)を使って洗うドライクリーニングである程度取る事が可能です。

こちらは以前に書いたドライクリーニングについてのブログです♪

 『ドライクリーニングって何なの?どんなお洗濯なの??』

このドライクリーニングを行いますとある程度はくっ付いたりネバネバしたりするものは油を取る力で取る事が可能なんですね。

しかし、
今回の場合にはそれだけでは取れませんでしたので油性のしみ抜き溶剤を使用して取り除きました♪

中々取れにくいシミはお家で必死になって取ろうと致しますとシミが取れないどころか、かえって衣類に大ダメージを与えかねない場合もございます。

どんなシミの場合もそうなんですがご自分で処理する前に、先ずはいつものクリーニング屋さんで恥ずかしがらずにどうしたら良いかを聞いてみましょう。

「こんなんが付いてしまったんですけど、どうしたら良いでしょう?」って。
そうすればほとんどの場合にはその対処法などを教えてくれます。

是非ともご相談下さいね♪

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。