お洋服に付けた両面テープや裾上げテープが変色したりお洋服にテープ跡が残ってしまった事ってありませんか?

縫い付ける代わりに両面テープや裾上げテープを使用して取れなかった事はありませんか?

はい、先日にお受け致しましたお洋服の染み抜きは、お洋服に小物を張り付ける為に使用した両面テープを剥がしてみたら跡が残ってしまいお洗濯しても取れないのでシミ抜きで取って欲しいとのご依頼でした。

実際にお洋服にスポーツ時のゼッケンや発表会等の為の飾りつけを両面テープや裾上げテープを利用して貼り付ける事がある様です。

確かに簡易的とはいえ近年の両面テープや裾上げテープはかなり強力な製品が多く、実際に取れにくいですので生地自体からテープを剥がす事は出来てもその粘着成分までは完全に取る事がお家では中々出来ません。

それに粘着成分の多くは油性である為に水洗いしても殆ど取れないどころか変色して記録なってしまう事すらあります。

おはようございますオノウエです。
もちろん両面テープや裾上げテープは確かに簡単に取れてしまっては困るテープですから簡単には取れないと思います。

ですが、
両面テープでも裾上げテープでも油性の粘着質でもプロのしみ抜きなら生地にもよりますがほとんどの場合には落とす事は可能なんですね♪

 

テープに使用されているくっ付いたりネバネバしたりする粘着質はほとんどの場合が油性ですので生地の問題が無い限り大概は取る事が出来ます

お洋服の生地にも油性の処理が出来ない生地等もあり、その場合には様々な方法を駆使しなければ取れない場合もあります。

ですが大抵の場合にはテープに使用されているくっ付いたりネバネバしたりする粘着質のほとんどの場合は油溶性で出来ておりますので生地の問題が無い限りほとんど取る事が可能です。

しかしながらお洋服に長時間付いている両面テープや裾上げテープは酸化により黄色く変色してしまっている場合や生地に粘着質が浸透して固まってしまっているケースがあるんですね。

そんな時にはクリーニング屋さんでピンポイントに油溶性のしみ抜き溶剤を使用して取り除きます。

中々取れにくいシミの場合にはお家で必死になって取ろうと致しますとシミが取れないどころかかえって衣類に大ダメージを与えかねない場合もございますので無理はしないで下さいませ。

ただ、今回のお品物はドライクリーニング×のドライクリーニングが出来ないお洗濯表示でしたが油溶性のテープ跡のシミは無事に取る事が出来ました。

もしもお洋服の事で何か困った事がありましたら是非ともこちらにご相談下さいね♪

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。