白いデニムパンツのブランド皮革パッチから滲んだ皮革の色移りは染み抜き処理を行う事が可能です

もしもブランド皮革パッチの色が白いデニムパンツに移ってしまっても何とかなる場合もあります

はい、最近ではデニムも着用したらシッカリと洗ってお手入れをしておかないと縫い糸や生地が傷んでしまうとの認識も定着しつつあります。

ですがそこで気になるのがパッチです。

デニムに使用されているパッチには皮革でも羊や鹿等の色んな種類が使用されており、中には紙で作ったパッチも古くから存在致します。

そしてお洗濯すると悩むのが形状や色変化です。

デニムの場合には着用や洗う事によって経年劣化の状況を楽しみながら着用するのが楽しみの一つでもありますが、そうではない極力汚れない様に劣化しない様に着用する様な綺麗系のデニムもあります。

人それぞれではありますが白いデニムに皮革の茶色い色が滲んでしまった状態が気になる方も沢山おられるんですね。

おはようございますオノウエです。
そんな時には今回のパッチ皮革部分からの色移りを直す事の出来る部分的なシミ抜きをおススメ致します。

 

特に腰の辺りの擦れる部分には汗等の水分や水溶性の汚れも付き易くパッチの色が滲んで生地に移ってしまう事があります

本革の製品はない合成皮革のパッチの場合でも同じ様な状況になってしまいますと、合成皮革の劣化(製造されてから3~5年で劣化の状態が現れることが多い)が促進され剥がれたりした合成皮革の色が付いてしまう事もあります。

色が移ってしまう状況が起こる条件としては皮革の場合には着用やお洗濯や時間による場合が多く、合成皮革の場合には加水分解による劣化の寿命が考えられます。

使用しても使用していなくても時間が経つ事により劣化は促進してしまいますので、いずれはパッチから色が出やすい状態になってしまいその状態で雨に打たれたり水に濡れたりお洗濯致しますと生地に移ってしまいます。

今回お受けしたホワイトデニムに色移りしたパッチの色は綺麗に取り除く事が出来ました。

クリーニング屋さんではでしみ抜きを行う時には出来るだけ生地に負担をかけない様、シミが付いてしまっている部分だけにスポットでシミ抜き処理を行う事も出来ます。

もちろん範囲が広い場合には全体的に洗剤や漂白剤に漬け込んだりする事で対応致します。

輪ジミの様な色が移った部分と移っていない部分の境目なども消す事が出来ます。

どうしてもご自分で応急処置やシミ抜きを試したい場合には一番目立たない部分で小さく試してみて、変になりそうでしたらその時点で止めておきましょう。

こちらでもご相談お受けしております♪

【染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。