お洗濯しても落ちない油の様なシミがお洋服に付いてしまって気になった時にはご相談下さいませ

お家の水洗いだけでは落とし切れない油の様なシミは食べこぼしのシミの場合が多く高温で調理した時に既に取れにくく変質した油なのです

はい、お洋服に付いてしまう油の殆どのシチュエーションは、お食事中であったりお料理を作っている時に油が飛んでしまいお洋服に付いてしまった等です。

その場合には付いてしまったお洋服がお家での水洗いが可能でしたら、台所用の中性洗剤をシミに少しだけ染み込ませて時間を置かずに直ぐに洗う事で殆どの場合には落とす事が可能なんですね。

でも、お洋服によっては色が滲む等の場合がありますので自己責任で行う事になります。

詳しくはこちらの以前に書きましたブログをご覧下さいませ⇒【お家で油性ボールペンが付いたら慌てず焦らず対処すれば付いて直ぐなら意外に取れます】

こちらはお家でのボールペンの取り除き方ですが取れにくい油分にも有効です♪
あっ、こっちのブログに戻ってきてね(笑)

おはようございますオノウエです。
しみ抜きの師匠から教えて頂いた染み抜き言葉で「簡単イタめし難し中華」と言う言葉があります。
中華では油に高温を掛けますので油のシミは落ちにくくなってしまうんですね~。

 

クリーニング屋さんのドライクリーニングは油落としには最適でして更に油落としに関してはクリーニング屋さんはかなりの得意分野なのです

クリーニング屋さんのドライクリーニングに関してはこちらのブログをご覧くださいませ⇒【「ドライクリーニング」ってそもそも何なの何を使ってどんな洗い方なのか教えてクリーニング屋さん

あっ、こっちのブログに戻ってきてねpart2(笑)

と言う訳でですのでクリーニング屋さんは油汚れ落としに関してはめっぽう強いです!

洗濯表示にドライクリーニングが✕と記載されている場合でも、クリーニング屋さんは水洗いや水を使った特殊なデリケート洗いにも対応しておりますので染み抜きの実績があるクリーニング屋さんに相談致しましょう♪

もちろん今回お預かりのお家では取れない油の様なシミも綺麗に落ちました。

もしもご自分でお洋服の染み抜きを行う場合には一度考えてみてくださいませ。

「この服は染み抜きに失敗しても大丈夫なお洋服だったっけ?」
「万が一に変になってしまった時には納得出来るだろうか?」

って。

実際にご自分で染み抜きをして後悔された方を、今までにもの凄く沢山みてきております。

クリーニング屋さんの様に道具や薬品がそろっていない状態で取れにくい油やしみを部分的に取ろうと致しますと、殆どの場合が生地に不具合が発生して色まで抜けてしまう事もあり後で「止めておけばよかった。。」と後悔するからなんです。

そうなってしまう前に自信がない場合にはご相談下さいね。
もしもどうにかなってしまった場合でも後で直せる可能性もありますので是非ともご相談下さい。

ではでは~。

 

『今直ぐにお困りの方はこちらの全国対応お問い合わせフォームまで』

『ラインでのお問い合わせのライン@のご案内はこちら』

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。