濃色お洋服の袖口の色が擦れて薄くなってしまったのをまた濃い色に直す事は可能でしょうか

着用によって起こった生地や色素へのダメージは洗浄のタイミングにより汚れと同時に色も抜けてしまい身に見える様になる可能性があります

お洋服の袖口や襟や脇部分の色が抜けてしまい白くなってしまう事があるのです。

それが目に見えて現れるタイミングは、着用により弱ってしまった生地や色がかろうじて取れずに原形を保っている時に洗浄をした事が引き金となり傷んでしまった生地や染料が剥げ落ちたりして浮き出てきます。

いわば傷んでいるお洋服の生地や色はヒビの入ってしまったガラスコップの様な状態であり、原形を保ってはいますが少しでも衝撃を与えれば糸は切れ色は剥げてしまう繊細な状態なんですね。

ガラスコップの様に目に見えて勿論ヒビが入っている事が直ぐに分かれば壊れる前に修復する事も可能です。

ですが、お洋服の生地が虫食いによりぶつ切り状態になっている状態や、色素が傷んで色素の分子が結合がバラバラになっている状態を見極める事は簡単には出来ません。

なので状態が変化してからの対応にならざる負えませんから目に見えた時がお直し時なんですね。

おはようございますオノウエです。

もしも袖口や襟や脇部分が色の変化である「変色」、「脱色」、「退色」が起こってしまい変化してしまったのであっても実はある程度の修復は可能なんですね~。

 

一口に色の変化と言っても分かりにくいですが変化状態により「変色」、「脱色」、「退色」等の様々な言い方の種類があります

お洋服は着用回数が増えてしまいますと着用によるダメージを沢山受けてしまい色が変化しやすくなります。

生地の色にもそれぞれの寿命がありそれが着用中やお洗濯時等のダメージが発生するタイミングでいつ顕著に表れるかは分からないんですね。

色が抜けてしまったり変色してしまう原因の一つとしては汗の成分の残留による変化か、汚れの蓄積による色素の劣化か、スレ等による物理的ダメージにより色を変化させてしまいます。

その時にこれらの状態になってしまいます。

〇変色=色が変化して変わる事
〇脱色=不必要な色を物理的や科学的な方法を使い抜き取る事
〇退色=日光や紫外線やガスの影響にさらされて色がだんだん薄くなる事

※クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボルのブログより

ですが、もしも色が変化してしまった場合でも対応する方法はあります。

無くなってしまった色を足したりして修正する、色修正(染色補正)という技法がありその技術で見えにくく分かりずらくする事が可能なんですね。

今回の袖口の擦れや汗による色抜けは、その色修正(染色補正)という技法でお直しさせて頂きました。

勿論の事お直ししたとしても永久に色を保てる訳ではありませんので、お受けする前には詳細を説明してご納得頂ける様であれば色修正(染色補正)で対応致します。

「それでも何とかして直してまた着たい!」
そんな思いにお答え出来る様に努力致しますので、その時には是非ともお声かけ下さいませ。

「お洋服の色が無くなってしまった時のお直しのご依頼はコチラ」

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。