お家では落とせないワインのシミはクリーニング屋さんでなら特殊染み抜きで落とす事が出来ます

色柄物のお洋服にワインが付いてしまったら応急処置時の色移りには要注意です

はい、最近ではお家で出来るしみ抜き等の動画がYouTubeでは簡単に検索出来て観る事が可能です。

自己流で対応される方も多く成功事例もあればその分失敗する事も多く、その場合にはお家ではどうしようも無くなってしまったお洋服が染み抜きのプロの元に持ち込まれます。

おはようございますオノウエです。

一度お洋服の生地に定着した色(色素)は取り除く事が非常に難しくなりますので、ここで染み抜きのプロの技による特殊染み抜きで対応する事になるのです。

 

お洋服の素材によってはお洗濯や漂泊時に色(色素)が出てしまい白い部分に移ってしまう事があります

今回の事例の様な白と黒のツートンカラーのお洋服の様に相対する二つの色が同じお洋服に使用されている場合には色が移ってしまう事例が多々あります。

生地は綿や麻等の場合には色が出やすく移りやすいのですが、それ以外にもポリエステルの場合でも製造過程でシッカリと色止め工程が行われていないお洋服の場合には色移りが発生致します。

色が移る原因の多くは、色素が傷んでしまったり製造段階から生地に定着せずに浮いてしまっている色が水分で濡れてしまったり洗ったりした拍子に動いてしまう事です。

ですが、違う観点から考えますと動く色は非常に動きやすい色と言う事になります。

ですので、その動きやすい色をいかに動かして生地から安全に除去する事が可能かを様々な方法によって行い、今回の事例の様に特殊復元染み抜きで綺麗に取り除く事も可能になる訳なのです。

もしもお家でのお洗濯で取れないシミがありましたらご相談下さいね。

ではでは~。

遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。