お家でのお洗濯の場合にはどんな洗剤を使用しても100%水洗いになりますのでドライクリーニングは絶対に出来ません

ドライクリーニングをしてもらった時に白い汚れが浮き出てきた経験はありませんか?ドライクリーニングを行うと取り切れていなかった食べこぼしのシミは白くなって浮き出てくる事があります

はい、こんな経験はございませんでしょうか?
「クリーニングに出して見たら付いてなかったと思う白いシミの様なものがお洋服に付いていた」

実はこれ、付いていなかったのではなく正確に言いますと、見えないけど付いていた食べこぼしのシミなんですね。

食べこぼしのシミと言っても透明のスープや飲み物の場合にはお洋服に付いてしまったも乾くと見えなくなるシミもあります。

ですが、お洋服には付いていますのでその状態でドライクリーニングを行いますと、油分や水分が抜けて見えなかったハズの食べこぼしのシミはカサカサの乾いた状態になり白く浮き出て目に見えてくるのです。

おはようございますオノウエです。

この白く浮き出てきたシミは水を使った染み抜きで落とす事が可能なのです。

 

ドライクリーニングでは落ちなかった目に見えて白く浮き出てきたシミは水溶性の汚れなので油溶性の汚れを取り除くドライクリーニングでは落ちなかったという事なのです

クリーニング屋さんのドライクリーニングで白く浮き出てくるシミは、殆どの場合が水溶性の汚れであり水に溶ける汚れなので水洗いや水を使った染み抜きで殆どの場合は取れるんですね。

クリーニング屋さんでしか出来ない洗い方のドライクリーニングはお洋服を洗う為の専用に生成された油の様な洗浄液と専用の機械を使用した洗い方です。

水は一切使わないクリーニング屋さんの専用の機械と溶剤があって出来る特殊な洗濯方法です。

お家でのお洗濯の場合にはどんな洗剤を使用しても100%水洗いになりますので、ややこしい製品名の洗剤もありますがドライクリーニングはご家庭では絶対に出来ないのです。

水洗いが出来ない様なデリケートなお洋服の場合には、ティッシュペーパーを洗っても原形のまま洗い上がる様な生地にダメージを与えないドライクリーニングが最適ではあります。

ですが食べこぼし等のシミは完全には取り除く事が出来ません。
ですので別途染み抜きが必要になってくるのです。

油分は取り除く事が出来ても水を使わないと取れない汚れやシミはドライクリーニングでは取り除く事が殆ど出来ませんので、もしも、

「クリーニングに出して見たら付いてなかったと思う白いシミの様なものがお洋服に付いていた」

という事でしたら時間や温度や湿度等の影響により酸化して色が変わってくる可能性がありますので、早めに染み抜きで取り除きましょう。

目に見えた段階でシミ抜きをするのが確実ではありますが、目に見えない段階から予防するお洋服のクリーニングコースもありますのでその時には、

「水を使った汗取りダブルクリーニングで!」と店頭でスタッフにお声掛け下さいませ。

水を使った汗取りダブルクリーニング(Ⓦのマークが付いたウエットクリーニングとも言います)で目には見えて無くても予防する事が可能ですよ♪

ではでは~。

〇ネットでのご依頼はコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓

【お家で取れないキバミの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。