お家でのお洗濯では取り切れない黒い汚れは水にも油にも溶けない固形物質の可能性があります

インクでも泥汚れでも黒い汚れは元を辿れば水にも油にも溶けない煤(すす)の様な固形物質の可能性があります

はい、最近では沢山の人が集まる様な場所にも行けずに夜も早めに帰る様な外出もままならない状況が続いておりますのでお家で過ごす時間もかなり増えたと思います。

そんな時にはお家で出来る様な普段は中々出来ない事を行動してみるのも良いかも知れません。

と言う訳で、中々普段は出来ない事と言えばクローゼットやタンスや押し入れの整理整頓はいかがでしょうか?

先日、完全予約制のソーシャルディスタンスイベントである【YOROZUsalon(よろずさろん)】にて出張染み抜きをさせて頂きました時にその場でお受け致しましたのが今回の事例です。

おはようございますオノウエです。

このお家でのお洗濯では取れない黒い汚れは固形の水にも油にも溶けない汚れが多く、触ってしまいますと固形物質が生地の奥深くまで入り込んでしまうのです。

 

「黒い汚れが取れにくい理由」それは水にも油にも溶けない黒い固形物質が触る事によって砕けてもっと小さな固形物質になり生地の繊維の奥深くまで入り込んでしまうからなのです

水にも油にも溶けない固形物質の黒い汚れは、溶けはしませんがダメージを与える事によって細かく砕けてしまいます。

生地の繊維の隙間よりも固形物質の黒い汚れが小さくなった時には、繊維と繊維の間に入ってしまいますので取り除く事が殆ど出来なくなってしまうんですね。

それが黒い汚れが取れにくい正体であり理由なのです。

今回の【YOROZUsalon(よろずさろん)】出張染み抜き実演でお受けさせて頂きましたお品物がまさにその状態でした。

その場で特殊染み抜きを行い取り除く事が出来ましたので良かったのですが、手遅れになりますと完全には取り切れない場合もありますのでご用心です。

もしも、お家では取り除く事が出来なくてもクリーニング屋さんの特殊染み抜きを行えば取り除ける可能性がまだまだありますのでご相談下さいね。

出来るだけの早めの対策がキーワードですので、何かは分からない黒い汚れの様なシミがお洋服に付いてしまった時にはお声掛け下さいませ♪

ではでは~。

「お家でもクリーニング屋さんでも取れなかったしみ抜きのお問い合わせはこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す