白い色のお洋服に黄色やオレンジ色のシミを見つけたら取れなくなる前に早めに取り除きましょう

白い色に映えてしまうシミはそのままに時間が経ってしまいますと色素が定着して取れにくいシミに変化してしまいます

はい、白いお洋服の場合には食べこぼし等の突発的な汚れやシミが付いた時には目立ってしまいますので直ぐに取り除こうと致しますが、乾くと透明になり見えにくくなってしまう場合には意外と放置しがちです。

まあ目に見えないのですから何ともしようがありませんからね(笑)

ですが、その見えないシミでも食べこぼしや飲み物の場合でしたら、やがて黄色やオレンジ色にタンパク質が変化して変わっていき目に見える状態になってきます。

その時点では大体の場合がクローゼットの中に保管してある状態である事が多く、着用しようとした時に始めて気が付きます。

おはようございますオノウエです。

それが「付いていなかったハズなのにシミが付いてる!」と言う現象の正体でなのです。

 

食べこぼしや飲み物はやがて空気と触れる事によって腐ってきますからシミも同じ様にタンパク質が変化してやがて黄色やオレンジ色に変わっていき目に見える状態になってきます

色が変化して見えるという事は今現在の汚れやシミの状況が変化してきているという事ですので、この時点で気が付けばまだ取り除く際には綺麗に取り除き易く後も残らない場合が多いです。

ただ、この状態が長時間続いてきますと汚れやシミの色はどんどん濃くなり変化してきます。

そうなってしまいますと染み抜きの薬品を使った通常の染み抜きだけではなく、温度を掛けた生地や色素にもダメージを与えてしまい易いぐらい強力な漂白等のシミの色(色素)を取り除く必要性が出てくるんですね。

今回の事例は点々とオレンジ色のシミが一か所に集中してありましたので、飲み物等の液体が付いてしまい乾くと見えなくなってそのまま時間が経ち目に見えるシミになってしまったものと思われます。

時間が経ってしまいますと汚れやシミがカビ等にも変化して仕舞う可能性が高まり、お洋服に起こしてしまうダメージがより一層濃く目に見える様に変化させてしまいます。

特にこの様なシミはお家では中々落とせないシミの部類になりますので、もしもお家で落とせない何が付いたのかよく分からないシミや変色の場合にはぜひともご相談下さいね。

【お洋服のお洗濯で想定外の事が起きた時にはこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す