お着物に白く付いている様に見えるシミは実は色が剥げてしまっているのかも知れませんよ


お着物の襟回りの汚れはファンデーションや皮脂汚れの場合が多いですがその汚れの下にある黒い生地は傷んでいるのかも知れません

はい、特に濃色の黒いお着物の場合にはファンデーションやお肌のスレ汚れがある為に、白っぽくなっていても汚れだと思って洗えば取れると思われがちです。

ですが、洗う頻度の少ないお着物の場合にはスレ等の物理的なダメージが蓄積されて知らない間に濃色の色が取れてしまったり致します。

ですのでそうなってしまいますとファンデーションや皮脂汚れ以外にも、生地の色にダメージが発生しておりますので色を直す必要が出てくるのです。

おはようございますオノウエです。

お洋服やお着物がスレによるダメージや漂白剤の効果で色が無くなってしまった場合には、「色修正(染色補正)」がとても有効なのです。

 

首回りや袖口などのお肌が直接衣類に付いてしまう部分は変化致します

着用が長く続いたり洗う頻度の少ないお着物やネクタイ等は、使い続けたり致しますとダメージが発生します。

汗汚れや食べこぼしのシミ等は、取り除かずに放置して時間が経ってしまいますと黄ばみ等の原因になってしまいます。

かと言ってお家で部分的に染み抜き致しますと、輪の様なシミや染み抜きをした部分としていない部分の境目が出てしまいますので自己ケアはあまりオススメは出来ません。

出来ればシミ抜き専用の特殊機械や特殊溶剤と、洗練された特殊技術があるプロにお任せ致しましょう。

もし色が抜けてしまってもご相談下さいね♪

ではでは~。

「お家でもクリーニング屋さんでも取れなかったしみ抜きのお問い合わせはこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す