お洋服の保管環境も後から浮き出てくるシミの原因であるかなりの部分を占める要因になります

特に気密性が高く換気が上手く作動していない様な場所では外部と内部の温度差が激しい場合にお洋服のシミに変化をもたらす事があります

はい、先ずは保管中に発生するシミの大前提としては、洗っても取り切れなかったけど気が付かないぐらいに見えなくなったシミが再び保管環境によって見える様になるという事があります。

そうなんです。
実は何もない所から急に黄ばみやシミが浮き出来る訳ではありません。

目に見えるぐらいの濃い色になって浮き出てくる場合には保管環境が原因の多くを占めるんですね。

おはようございますオノウエです。

その他にも湿気が付き易い部分やカビが発生しやすい部分には、目にはハッキリとは見えませんがやはり生地が変化している部分に発生しやすいのです。

 

保管している間にシミが浮き出て来ている場合には生地や色(色素)にもかなりのダメージが発生している可能性が高いです

特にカビ等の場合には色(色素)を破壊してしまっている場合も多く、白以外の色柄物の場合には影響が大きくでてしまいます。

対策としては湿気を出来るだけ発生させない事が重要になってきます。

ホームセンター等で購入出来る湿気取り等を使ってクローゼット内の湿気を取り除き、カビが発生しにくくシミにも影響の少ない環境をコントロールする必要があります。

ただ、湿気取りを使用した場合に注意したい事があります。

湿気取りに溜った水の様な成分はアルカリ性の高濃度塩化カルシウム水溶液ですので、お洋服に付いてしまいますとこれもまた大ダメージを起こしますので取り扱いには十分にお気を付けくださいませ。

今回のお家でのお洗濯では取れない後から浮き出てきたシミも綺麗に取り除く事が出来ました♪

長期間クローゼットにお洋服を保管する場合には出来るだけ内部で変化が起きない様に、湿気取り対策や換気対策をシッカリと行う等の色んな事に注意したいですね。

ではでは~。

遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。