年単位の長期保管中に発生したシミは生地繊維に大ダメージを与えてしまっている可能性があります

長期保管中に時間を掛けて変化している為にシミが長期間お洋服に付いたままになってしまいますと厄介な事になる事があります

はい、クローゼットに長期間保管しておりますとタンパク質由来のシミや皮脂などの油由来のシミがお洋服にお洗濯やクリーニングでも落ちない状態で付いている場合には時間と共に変化致します。

その状態が長く続いてしまいますと密室による湿度や温度がかかり酸素とも反応して変化が起こります。

食べこぼし等のタンパク質由来のシミや、皮脂汚れ等の油由来のシミは時間が経つ事によりシミの成分がさらに凝縮され繊維や染料にダメージを与え続け変化して変色してしまいます。

その状態のシミが濃い色になり目にクッキリと見える様になった時には、もう既に生地がかなり傷んでしまっている可能性があるんですね。

おはようございますオノウエです。

この様に知らずに付いていたりお洗濯で取り除く事が出来なかった様なシミが、長期間お洋服に付いたままになってしまいますと今回の様な取れにくい厄介なシミになる事があるのです。

 

お洋服の生地が劣化してしまいますと漂白等の漬け込み洗浄でも部分的なシミ抜きでも繊維が耐える事が出来なくなり繊維が痩せてしまう事があります

兎に角長期保管中に浮き出てきた様なシミは気が付いた時点で早めに取り除く事に越した事はございません。

特に年単位での保管が多いお着物等が典型的な例で、生地の繊維や色(色素)にも多大なダメージを与えてしまいます。

ですが取り除こうとしない限りは生地の表面の色は見た目には何らダメージを受けてしない様に見えます。

既に生地の繊維や色には大ダメージを受けている状態であっても、洗ったりシミ抜きを行わない限りは見た目には変わりません。

その状態で生地にアクションを起こした時に初めて反応が発生します。

その反応と言うのが、色が滲んだり抜けたり生地の繊維がボロボロになったり穴が空いたりすると言う反応になってしまうのです。

今回の事例では淡色系のお品物という事もあり慎重に色が抜けてしまわない様に特殊部分染み抜きを行ってシミは取り除けました。

しかし淡色系のベージュやブルー等のお洋服の場合には色素がシミのダメージにより抜けてしまう事が多く白くなってしまいます。

そんな時には色修正(染色補正)という特殊技術をつかって人間の目には見えにくく色を修正致します。

そうなってしまう前に是非とも早めのメンテナンスをよろしくお願い致します。

ではでは~。

【遠方の場合の染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。