ニット帽は直接頭皮に触れておりますので肌着同様に汚れてくるのと近い状況になっています

頭皮の皮脂汚れや汗の成分が付き易い状況に関わらず洗濯頻度はかなり低いので生地のダメージや変色が発生しやすいのです

はい、ニット帽はこれからの季節に毎日着用する事も多いとは思うのですが、同じ様に毎日着用する肌着はかなり洗濯頻度が高いのに比べて帽子はさほどお洗濯を行う事は少なく思います。

しかし使用頻度は季節にもよりますが高い割には頻度の少ないのが帽子やキャップです。

頭にかぶるものですので当然の事ながら直接頭皮に触れており、頭皮からの皮脂汚れや汗の成分が付き易く黄ばみやシミや汚れや変色が起こってきやすい状況となってきます。

おはようございますオノウエです。

特に白い帽子は汚れやシミや変色がかなり目立ちますので早めに対策したいですよね~。

 

ニット帽は出来ればお家でメンテナンスを行う場合には最低でも週に一度はなるべく動かさずに軽く押し洗でのメンテナンスをおススメ致します

ただし、押し洗いを行っていても皮脂の油成分は非常に取れにくいので、クリーニング屋さんでのクリーニングや特殊部分染み抜きで落ちにくい臭いの出る油性分は落としてもらいましょう。

メンテナンス不十分のままに使用や長期保管を行っておりますと白い生地なら変色が起こりやすく、色柄物なら変色や脱色等の反応が起こってしまいます。

お気に入りの帽子やキャップは早めにメンテナンスさえすれば、比較的にキレイな状態を保つ事が可能ですのでお声掛け下さいませ。

今回の外部からの付着物が時間と共に保管中に黄色く変色してしまったシミも「特殊部分染み抜き」で取り除き、その後に全体的な油性汚れ除去のドライクリーニングと水溶性汚れ除去の特殊水洗いで対応致しました。

帽子やキャップは洗濯表示では洗えないと言う「×」の表示も多いので、お家でのメンテナンスがハードル高いと感じましたら是非ともお声掛け下さいませ♪

ではでは~。

【遠方からでもお近くからでも配送のしみ抜きクリーニングご要望はこちらです】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。