裾部分の折り目は長く維持しておりますと擦れや汚れ等のダメージが蓄積されて取れにくくなります

生地の折り目には摩擦によるスレが発生して生地が削れてしまい汚れが取れにくくなってしまいます

はい、今回の事例はワイドパンツの裾を伸ばす為に織り込んである生地を伸ばしたところ、折り目部分の生地目に汚れが入り込んでしまい取れないので何とかして欲しいとのご依頼でした。

パンツの裾上げやロールアップをしておりますと丁度折り目の部分に、ブーツの色や汚れが付いて生地も摩擦で擦れてしまいそのダメージが起きている部分に汚れが入り込みます。

そうなってしまいますと溜ってしまった汚れがどんどん生地目の奥深くに入り込んで簡単には取れなくなってしまうんですね。

おはようございますオノウエです。

この状態が長く続いてしまいますと、縫い目の糸が傷んでしまい切れやすくなる等のダメージを負ってしまいますので出来れば早めに対策致しましょう。

 

お洋服の生地の折り目に付いてしまった汚れやシミは気が付いた時に早めに取り除けばその後に定着して取れにくくなってしまう状況に対しての予防になります

特に泥や砂やススなどの水にも油にも溶けない汚れは上から付着する事によってどんどん生地の繊維の隙間に入り込んで取れにくくなってしまいます。

その汚れが取れない状態で何回も洗浄してしまいますと汚れが生地に定着してしまいもっと取れにくくなってしまいます。

そうなってしまう前に有料の「特殊染み抜き」でシッカリと取り除けば、その後の定期的なお洗濯を行っても汚れが定着する事無くお洋服を長持ちさせる秘訣になります。

今回もかなり生地の折り目に黒いカーボン汚れが付いてしまっておりましたが、水にも油にも溶けない固形物質をシッカリと薬品で生地から浮かせる事によってその後の染み抜き処理で綺麗に取り除く事が出来ました。

気になるシミや汚れに気が付いたら、早めのメンテナンスがお洋服を長持ちさせる秘訣になりますのでその時にはご相談下さいね♪

ではでは~。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニング】のご要望はコチラ

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。