洗っても取り切れないシミは既にシミではなく生地の変色に発展している場合があります

お洗濯で取り切れなかったシミはそのまま生地に付着しておりますと色(色素)や繊維にダメージが蓄積されて生地が変化してしまいます

はい、お洋服に付いてしまったシミは出来るだけ早く取り除きたいですが、応急処置や洗ったりするだけでは全く落ちない場合もあります。

ですがその状態で諦めてしまいますと特にたんぱく質の混じった染みの場合には、その後生地に残っている成分がアルカリ性に変化してしまい色(色素)や繊維にダメージを継続的に与えてしまう状況が生まれます。

おはようございますオノウエです。

その状態が続いてしまいますと「変色」や「脱色」や「退色」等のダメージがお洋服に現れてしまうんですね。

そうなってしまう前に洗うだけでは完全に取れない汚れやシミは、クリーニング屋さんの特別な有料染み抜きコースでお願いして取り除いてしまいましょう♪

 

黄色く広範囲にある様な黄ばみは生地の状態にもよりますが簡単には取れないシミである場合も多く既にシミではなく生地の変色に発展している場合もあります

基本的にシミという物は何もない場所に突然出来るものではなく、元々からその個所に目には見え無くても何かしらのタンパク質成分や油分が洗いでは取り切れずに残ってしまっているからなのです。

保管中の環境によっても湿気等の水分が付着してカビ等が発生してしまう様に、何かしらの現象が起こってしまったのでシミが発生致します。

そんな時には出来るだけ早い段階での処置が必要となってきますので、黄ばみ等のお洋服の異変に気が付いた時には早めにメンテナンスする事が大事なんですね。

お家で取り除く事が出来なさそうな黄ばみは「特殊部分染み抜き」が必要になりますので相談して下さいね♪

ではでは~。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニングのご要望はコチラ

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。