花粉がお洋服に付いてしまった場合には取り除く際に「水分」は使用しない様に致しましょう

花粉は「水分」を含むと余計にはじけて粒子が細かく小さくなりますので繊維の隙間に入ってしまい取れにくくなります

はい、もしもお洋服に花粉が付いてしまった場合にはどうされておりますでしょうか?

普段からその様な状態が起こりそうなお花を使用している方は既にご存じかと思いますが、お洋服に付いてしまった花粉は水を含むと余計にはじけて小さくなりますので先ずは「叩いて取り除く」が正解になります。

花粉はミクロの固形物質の集合体でその一つ一つの間には隙間があり、その隙間に「水分」が入り込むと一気に爆散して拡散致します。

そう致しますとはじけて小さくなった花粉は更に生地の奥深くに潜り込んで取れなくなってきます。

おはようございますオノウエです。

これが花粉に水を付けると一気に取れにくくなってしまう原因の一つなんですね~。

 

お洋服に付いてしまった花粉は水にも油にも溶けない固形の物質ですので一度生地の繊維の奥深くに浸透してしまいますとお家での洗剤を使用したお洗濯でも漂白でも落とす事は出来ません

取れないシミになってしまう過程としてよく似ているのが墨汁です。

墨汁も同じく水にも油にも溶けない固形の物質である「煤(すす)」が繊維の奥深くに浸透してしまうのが原因ですので取れにくくなってしまう過程もよく似ています。

お洋服の生地の隙間に入ってしまった水にも油にも溶けないミクロの固形物のを取り除くには、薬品等で生地と固形物を引きはがしてその状態で物理的にダメージを与えて一気に取り除くという工程が必要になるんですね。

花粉は水を含むと取れにくくなりますので最初から濡らしたりして水は使用しない様に気を付けて、完全に乾いている状態で手やブラシで叩いて落とすと言う事を覚えておきましょう。

と言う訳で今回のお洋服に付いた花粉も油性の溶液を使い物理的な処理を施して花粉を完全に取り除きました。

もしもお家での応急処置後に取れない様になってしまった場合にはご相談下さいませ♪

ではでは~。

「クリーニングISEYAホームページからのお問い合わせ」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。