お洋服に植物系の色が付いた飲み物の成分が生地に付着してしまいますと取れにくくなる事があります

植物系のシミが生地に付いたままで長期間放置してしまいますと生地に浸透して色(色素)が定着してしまう可能性があります

はい、今回の事例はワインのシミが着いてしまいお家でのお洗濯や漂泊をしても取れなかったという事でお預かり致しました。

ワインやお茶の場合にはタンニンと言う成分が入っており、水になじみやすく昔から植物の煮汁で生地を染める技法もあるぐらい生地を染めるのに適しているんですね。

おはようございますオノウエです。

そんな植物性の染料の様な成分ですから出来るだけ早めの対策を行わないと、生地繊維に色が定着してしまいお家では取れないかなり厄介なシミに変化してしまうのです。

 

生地を染めるには高い温度を生地に掛けて色を浸透させるので付いてしまった直ぐの場合には比較的に取り除き易いのです

まだ生地繊維に色が定着していなければ取れやすい状態ですのですが、時間が経って定着してしまったシミは擦ったり強力な漂白剤で無理に取り除こうと致しますと生地を傷めてしまいます。

特に真っ白ではない縁取りに色生地が使用されているお洋服や、プリントがあるお洋服の場合には色が変色したりプリントが弱って剥がれたりするリスクもあるんですね。

でもそんな時にはクリーニング屋さんの特殊技術である「特殊部分染み抜き」や「特殊部分漂白処理」なら生地を傷めない様にピンポイントに染み抜きが可能なのです。

もしもお茶やワイン等の植物系のシミが付いてしまった場合には、早めに適正なメンテナンスをシッカリと行いましょう。

もしもお気に入りのお洋服にお茶やワイン等の植物系のシミが付いてしまった場合にはそのまま何もせずにご相談下さいませ♪

ではでは~。

【染み抜きや変色のご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。