もう色褪せて使えなくなってしまったと思っているお洋服でも染め直し出来るかも知れませんよ

色褪せてたお気に入りのお洋服をもう一度濃い色に染めかえる「特殊全体染め」と言う技法があります

はい、お洋服を長期間使用しておりますと着用のダメージは勿論の事、お洗濯やクリーニングで取り切れなかった汗や汚れの影響で色が褪せてしまったり抜けてしまったりする事があります。

そんな時にはもう諦めてしまいがちになってしまいますよね。
でも実は現状の色よりも濃い色に染めかえる「特殊全体染め」という特殊技法があります。

と言っても、最近では自宅でもお洋服を染める事の出来るキットや材料等もかなり充実しており簡単に手に入れる事が可能になりました。

しかしながら、お洋服の全体染めを行うとなりますとその作業場所や行う為の準備も大変で中々ハードルが高く自分で行う気になれない方も多いと思います。

おはようございますオノウエです。

実は当店クリーニングISEYAには色抜けの範囲が広く広範囲の場合には、現状の色よりも濃い色に染めかえる「特殊全体染め」というメニューがあるんですね~♪

【特殊全体染めのビフォー&アフター事例】

ただし、色が必ず現状よりも濃い色になる事と淡色系には染める事が出来ない事と、ご希望の色に近づける事は出来ても完全にはご希望の色にはならないという弱点があります。

あと、ポリエステル等の糸や異素材を使用しているお洋服の場合には全体的に同一の色にはなりません。

ですがこの弱点をご理解して頂ければ全体的に染めて新たなお洋服として着用して頂く事も可能なんですね。

因みに部分的に一部だけが変色や色抜けしてしまっている場合には、京都でお着物の修正にも使われている特殊技法の「染色補正」を行い気になる個所だけを部分的に修正する事も可能なのです!

【特殊部分染めのビフォー&アフター事例】

特に濃色のお洋服は汗抜きによる定期的なウエットクリーニング等や、水洗いのメンテナンスを行っておかないと色素が傷んでしまい洗った拍子に色が変色したり無くなったり滲んだり致します。

もしも色が変化してしまった様な状態にお洋服がなってしまっても、その色の変化した部分や全体的な色を修復対応が可能であればまた着用出来る様になるお洋服も多々あります。

それらに対応する為に生まれたメニューが【特殊部分染め】と全体を染める【特殊全体染め】の2種類です。

この様に色が抜けてしまったり白くなってしまった時でもお直しする事はある程度は可能ですので、ここさえ直せばまだまだ着用出来る様になる気になるお洋服があれば是非ともご相談下さいませ♪

ではでは~。

【特殊部分染めと特殊全体染めのご依頼やご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。