色褪せていたお気に入りのお洋服をもう一度着用したいと思ったら染め替えという方法があります

汗や汚れの影響で色が褪せてしまったお洋服を何とかして欲しい

はい、簡単にお洋服を染めると言っても中々お家でそれを行うのは大変ですよね。

でも色褪せて着用出来なくなったり、変色してしまったお洋服を色を変えてでもまた着用したいと思っている方は意外と多いです。

その他にも気に入って購入したものの色が思っていたのと少し違うのが気になり、実際にはそんなに着用していないなんて事も。

おはようございますオノウエてです。

ハードルの高いお洋服の染めの1番の問題点は、水の温度を高く上げる事の出来る環境や染めを行える場所があるかです。

それらが揃っておれば「お洋服の染め替え」は可能なのです。

 

現状の色よりも濃い色に染めかえる「特殊全体染め」という特殊技法があります

お洋服の全体染めのでメニューとして当店クリーニングISEYAには現状の色よりも濃い色に染めかえる「特殊全体染め」というメニューがあります。

出来るだけ綺麗に染まる様にするには条件があます。

色が必ず現状よりも濃い色になる事と淡色系には染める事が出来ない事。

ご希望の色に近づける事は出来ても、完全にはご希望の色にはならないという事なんですね。

ポリエステル等の糸や異素材を使用しているお洋服の場合には全体的に同一の色にはなりません。

ですがこれらの弱点をご理解して頂ければ、それも1つの楽しみになります。

全体的に染めて新たなお洋服として着用して頂く事も可能なんですね。

全体染めを行えばまだまだ着用出来る様になるお洋服があれば是非ともご相談下さいませ♪

ではでは~。

【特殊部分染めと特殊全体染めのご依頼やご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。