1日だけか少しの時間しか着用してないから洗わずにクローゼットへの長期間保管は大丈夫でしょうか?

ほんの少しの時間でも着用すればほんの少し汚れますし汗も付いてしまいますので後に影響が出やすい状態になります

はい、一日しか着用していなくてもほんの少しの時間しか着用していなくても、その日が野外で暑い真夏の日であった場合や寒い冬の日でも暖房がガンガン効いている室内だとしたらやはり汗はかいてしまいますよね。

ですので殆どの場合には着用している時間では無く、その時の状況がお洋服の保管中に与えて仕舞うダメージの原因になります。

汗等や食べこぼし等の水溶性の汚れがお洋服に付いたままになってしまっている状況は、お洋服の生地や色(色素)にとっては着用していない保管中でもずっとダメージを受けてしまう状態が続くという事なのです。

ですので1日だけや少しの時間しか着用していなくても絶対に大丈夫とは言い切れないんですね。

おはようございますオノウエです。

特に食べこぼし等の取りきれていないシミや汚れは、そのままにしておきますと変化して顕著にシミが現れて来ることもありますので早めの対策を行う事に越した事は無いんですね~。

 

お洋服を着用しようとクローゼットから出してみたらお直し前は何にもなかったハズなのにピンポイントでアチコチに沢山の黄ばみが発生していた

今回の事例の様な袖口や前身ごろの生地がピンポイントで黄色くなってしまっている状態の原因の大半は、お直し前に取り切れなかった水溶性の汚れや食べこぼし等のシミが変化したものです。

脇部分や襟部分等の黄色く広範囲にある様な黄ばみは、汗や皮脂の汚れが時間と共に変化して黄色くなった広範囲に広がる黄ばみです。

それ以外にも石油ストーブ等の化石燃料を使用した場合には、生地の色(色素)がガスと反応して変色してしまう現象もあり得ます。

全てお洋服の生地の状態にもよりますが、時間と共に簡単には取れないシミや変色に変化してしまうんですね。

生地の状態によりダメージが大きく出てしまう様なシミや黄ばみを取り除く事が出来ないそんな場合には、お着物をお直しする時の特殊技術である「特殊色修正(染色補正)」を行う事により現状よりも目立たなくします。

何事も早めの対応がカギとなりますので気が付いた時には出来るだけ早めに対策を行いたいですね。

通常のお洗濯だけでは完全に汚れやシミを落とせない場合もありますので、時間が経つと後々に目に見えて変化してくるシミを見つける為には定期的にクローゼツトに長期保管している衣料を換気がてら確認致しましょう♪

ではでは~。

【時間の経ってしまった染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。