薄手や起毛生地に発生した濃い色のシミの場合には無理して取ろうとするとダメージが発生致します

フロック加工の様な薄手の生地に繊維を接着した起毛生地は擦れ等の物理的ダメージにも弱く頑固なシミが発生してしまうと取れにくいです

はい、今回の事例の生地素材は薄手のオーガンジー素材にフロック加工と呼ばれる一定の長さに裁断した繊維を、静電気で立たせてから生地の接着剤を付けてその接着面と立たせた繊維をくっ付けて模様の様に見せる加工です。

フロック加工の繊維は生地面に対して垂直についておりますので繊維が横に倒れてしまったり、変色したり抜けてしまいますと凄く目立ってしまいます。

おはようございますオノウエです。

ですので部分的にシミが出来た時に擦ってしまいますと擦れて摩擦によりお洋服の生地が変化しやすく見た目の色も変化しやすいのです。

 

応急処置を行ってしまいますともっと醜くなる可能性が高いですので出来るだけ何もせず染み抜きの出来るクリーニング屋さんに相談致しましょう

お洋服の生地の色が抜けた様に白けてしまうケースの殆どの場合が、その部分にあったシミや汚れを取ろうとして物理的に過度なダメージを生地に与えてしまった事が原因です。

その他にもネットで調べた結果、洗剤や漂白剤等を高濃度での使用時に化学変化により色が抜けてしまったりも致します。

ネットでの検索ではワインや醬油や油などのシミの種類に対して取り除く為の方法が記載されている事が多く、その対象である綿やウールやシルク生地の場合等の種類によって対策が変わるとは記載されていない場合が殆どです。

実はシミの種類よりもそのシミが付いてしまった生地の事を知る方が重要なんですね。

今回の様な薄手のデリケート素材な上に毛足のある見た目が変化しやすい起毛素材の場合にはなおさらの注意が必要となります。

ですので、どうしてもお気に入りのお洋服のケアにはついつい力が入ってしまいがちになりますが、特に濃色や原色使いのお洋服やデリケート素材や加工品の場合には生地や色のダメージに注意が必要なのです。

もしも触ってしまって生地が擦れにより白く見えたりシミが全く取れなかった場合でも染み抜きや無くなった色を再び足す事により元に近づける事が出来る技術もありますので是非ともお声掛けくださいませ♪

ではでは~。

【色が抜けたり変色してしまったお洋服のお直しのご要望はコチラ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。