取り切れないシミが付いたまま長期保管致しますと生地繊維がダメージを受けて変色してしまいます

衣替えのシーズンですがお直しする前には後に変色の原因となりますのでシッカリとシミを発見したら取り除いておきましょう

はい、最近の気候としては暑かったり寒かったりと中々安定はしておりませんが、もう衣替えのシーズンですのでお直しクリーニングを始められているかと思います。

その時に注意したいのが「ほんの少しのシミなら大丈夫!」と普通に洗ってシミが残っていてもそのまま長期保管してしまう事です。

そのシミ自体は変わらなくても周りの保管環境によっては温度差があり湿度が高い状態ですと、そのシミの部分が変化して変色したりカビが生えてしまったりする事があるんですね。

おはようございますオノウエです。

実は他の生地の部分と比べてシミのある個所は水分を含むと乾きが極端に遅くなり、乾くまでの間に生地繊維に付いているシミが水分を含んでもっと活性化したり変色したりカビが生えてしまう隙を与えてしまうのです。

 

長期保管の際にはクローゼットに入れる前にシッカリとシミや汚れが残っていないかを確認してから保管する様に致しましょう

長期保管して既に黄ばみやカビが発生してしまった時には要注意です。

見た目には分かりませんが色柄物の場合には色(色素)が既に破壊されており、洗った拍子にその傷んだ色が流れてしまい色(色素)が無くなってしまう事があります。

その状態の事を「色抜け」と言います。

白い生地は色抜けはしないので比較的に強めの漂白処理等が有効ではありますが、場合によっては気が付かずに繊維に大ダメージを与えて仕舞っている場合もありますので要注意なのです。

もしも取れないシミに変化してしまった時や、変色や脱色した場合でもお直しする事はまだ可能かも知れませんのでそんな時には是非ともご相談下さいませ。

長期保管中に浮き出てきた様な黄ばみは特に取れにくい部類の変化になりますので、取り除く際には出来ればクリーニング屋さんでの特別な染み抜きコースでお願い致しましょう♪

ではでは~。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニングのご要望はコチラ

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。