ほんの小さなシミでもそのままにはせずに早期発見で早めに取り除いてしまいましょう

小さなシミだから取り除かずに長期保管は要注意!後に変化して頑固で厄介なシミに変化する事もあります

はい、シミがかなり小さいと見えにくい場所の場合には「まあ目立たないしそのままでもいいか・・」と放置してしまう事もあるかと思います。

ですがその小さなシミが後に、変色したり脱色したりカビが生えたり害虫に食べられたりと大きなお洋服のトラブルに発展する可能性があるのです。

おはようございますオノウエです。

インク等の場合には何もしない限りはさほど変化は起こらないのですが、食べこぼし等のシミは成分が変化する事が多く後に様々な望まない状態になってしまう事が多いんですね~。

 

金色に近い濃い色の小さなシミの場合には鉄分を多く含んでいる可能性が高く漂白等で金属の触媒反応により生地が消失してしまう事もあります

付属品や装飾品の金属等や安全ピンの錆もそうなのですが、シミに鉄分が混じっていると漂白を行った際には鉄分が漂白剤の成分に過剰反応してしまいます。

その結果そのシミの個所の生地だけに強烈な漂白作用が起きてしまい、生地が劣化して脆くなり洗浄時に傷んだ生地繊維が洗い流されて穴が出来てしまう事もあるのです。

シミは出来れば取り除き易い初期の段階で気が付いた時にシッカリと取り除いて、お洋服に継続的なダメージを与えない状態にしてから長期のクローゼット保管に挑みましょう。

もしもお家でのお洗濯時に全く取れないシミがありました場合には「特殊染み抜き」で取り除ける可能性が高いのでご相談下さいませ。

人間もお洋服も異変に気が付いた時には早期発見!早期対応!で、ほんの小さな異変でもそのままにはせずに早めに対応して取り除いてしまいましょう♪

ではでは~。

【遠方の場合の染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。