淡色系のお洋服に浮かび上がってきたシミは生地と一緒に色(色素)も痛めてしまっているかも知れませんよ

お洋服はたとえ一度だけしか着ていなくても数時間だけしか着ていなくても着用すれば必ず汚れは付いてしまっています

はい、実はお洋服は着用していなくても製造後に在庫として保管中に、触ったり擦れたり等の汚れが発生したり外気との温度差で湿気があがりシミになり浮かび上がってくる事も多くあります。

ですので販売前のお洋服等の染み抜きのご依頼をお受けする事もあるんですね。

それが着用しているとなりますと、当然の事ながら着用していないお洋服と比べて例え一度だけしか着ていなくても数時間だけしか着ていなくて汚れたりシミが浮き出る確率は非常に高いのです。

おはようございますオノウエです。

そんな淡色系のお洋服に浮き出てきた濃い色のシミは非常に取れにくく、色素由来のシミが多いので漂白必須となるのですがその時に色(色素)が弱っているとシミと一緒に抜けてしまうんですね。

 

何もないところからシミは発生しませんから食べ物や飲み物や皮脂汚れや湿気などの水分が原因でシミが浮かび上がって目に見える状態になるのです

何もない部分からシミが浮き出てきた様に見えるのですが、実はシミの原因はこの様な事が殆どなんですね。

今回の事例の様なシミは何時発生したのか分からない上に古そうで落ちにくそうですんので基本的にはお家での対処は非常に難しいです。

もしもこの様なシミを発見した場合には迷わずお声かけ下さいませ。

クローゼットにしまったままのお洋服もたまにはチェックする事をお勧め致します。

シミが付いている状態で長時間経つと生地も傷んでしまい色(色素)が抜けたりする事もありますから見つけたら早めの対応よろしくお願い致します。

染み抜き等のメンテナンスは気が付いた時にはシッカリと済ませておきましょう♪

ではでは~。

「クローゼットからお洋服を出してみたらシミや黄ばみがあった場合のお問い合わせはこちらにどうぞ」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。