知らない間に付いてしまう洗っても取れない黒い煤汚れは水にも油にも溶けない汚れかも知れませんよ

お家で洗っても取れない黒いススの様なカーボン汚れは水にも油にも溶けない「不溶性」と言われるシミの種類かも知れません

はい、お家で何回洗っても取れない様な黒い汚れって体験した事はありませんか?

実はそれ、お家で水洗いしても水にも溶けない成分であり、洗剤をシッカリと入れても油成分も溶けない「不溶性」と言うシミの可能性が非常に高いのです。

「不溶性」とはシミの場合で言いますと煤とか砂等のミクロの固形物の事で液体に溶けださない性質の事です。

おはようございますオノウエです。

水にも油にも溶けないという事は物理的に弾き飛ばしたりしないと取れないという事なんですね。

 

スレ等の物理的なダメージの場合にはお洋服の生地自体にもダメージが発生する事もあります

そしてその擦れ等で生地の繊維がささくれてしまい繊維の傷んだその隙間に汚れが入り込んでしまいます。

繊維の隙間に入り込んだ不溶性のシミはそう簡単には取り除く事が出来なくなるのです。

特に良く着用するお洋服の場合には部分的に生地の引きつれや繊維の解れが既に発生している場合もありますので注意が必要なんですね。

お家では中々取り除けない様なシミ汚れはピンポイントで染み抜きの出来る、染み抜きの事例をホームページやブログでリアルタイムに更新している技術力のあるクリーニング屋さんに相談致しましょう。

リアルタイムでの事例を更新しているクリーニング屋さんでは、常に染み抜きのお仕事をお受けしている実績のあるクリーニング屋さんです。

クリーニング屋さんを選ぶ時の基準にして頂くと良いと思います。

勿論の事、当店でもお受けしておりますのでもしも気になるお洋服の汚れやシミがございましたら、他店で取れない汚れやシミでも取り除く事が可能かも知れませんので是非ともお声掛けくださいませ。

ただ、現在ご依頼が大変込み合っておりまして特殊染み抜きのご依頼は店頭では約30日待ちになり、只今ネット受付では約150日待ちになっております事を申し訳ございませんがご了承下さいませ。

ではでは~。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニングのご要望はコチラ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。