襟部分の黒ずみを取り除く時には無理をして生地繊維を傷めない様に致しましょう

襟部分に洗っても取れない黒ずみや黄ばみを見つけた場合には無理して擦ったり漂白したりするは厳禁です

はい、普通に洗っても取れない汚れやシミはその時点でその部分に重点的な部分染み抜き処理を行わないと取れない汚れやシミに変化してしまっています。

ですが無理に取り除こうとしてしまいますと、その汚れやシミの周りの生地や色を痛めてしまい生地が歪んだり色が変化したり抜けてしまったりする事が起こってしまいます。

おはようございますオノウエです。

簡単に取れない汚れやシミは、既に生地の繊維の隙間の奥深くに入り込んでしまっておりますので慎重な対応が必要になってくるんですね。

 

特に取れにくい黒ずみは水にも油にも溶けない固形物質が皮脂汚れの油膜に張り付き繊維の隙間に入り込んで発生致します

なので取り除くには特殊な薬品で汚れと同時に生地繊維から浮かせて取り除く必要性があるんですね。

黄ばみはは取り切れなかった皮脂汚れが劣化して傷んでしまう事によ変色して起こってしまう現象ですので、黄ばみ等がある場合には黒ずみを取り除く処理を行った後に部分的な漂白を行い取り除きます。

今回の事例のジャケット襟部分の黒ずみと黄ばみも綺麗に取り除く事が出来ました。

擦ったりする様な物理的なダメージを与えて取り除こうと致しますと生地が傷みますし、黄ばみを強力な漂白剤を使用して取り除こうとしたりする事で色を痛めてしまう事が多くあります。

そんな時にはクリーニング屋さんでしか出来ない特殊シミ抜きで一度綺麗にスッキリさせてから着用やお直しを致しましょう。

ではでは〜。

「襟の黒ズミや黄ばみが取れない時のメールでのお問い合わせはこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。