ネクタイに付いてしまったくっきりと境目が目に見えるほどの大きなシミには要注意です

出来れば食べこぼしの汚れが付いてしまった時でも決して汚れ部分を無理には擦らない様に致しましょう

はい、ネクタイの一番目立ちやすい正面にシミが付いてしまいますとついつい何とかして直ぐに取り除こうと擦ってしまいがちですが「擦る」という行為はネクタイの生地には一番しない方がよい事なんですね。

使用頻度の割には洗う頻度が少ないのでネクタイの生地は想像以上に弱っています。

その状態で水分が付いた生地を擦って摩擦を起こしてしまいますと、色(色素)や繊維(シルクが多い)がかなりのダメージを受けてしまいます。

おはようございますオノウエです。

特にネクタイはシルク等のデリケート素材で出来ている場合も多く、色も鮮やかで変化しやすいのでスレ等の物理的なダメージには特に注意を致しましょう。

 

料理屋さんの布オシボリには塩素が含まれている事がありますのでネクタイの応急処置等には使わない様にしましょう

塩素が含まれているおしぼり等で拭いてしまいますと塩素の力と摩擦の力で生地の色が抜けてしまう事があります。

その時には大丈夫でも塩素の成分は残り濃色して蓄積され後に色が変化してしまう事もあるんですね。

塩素は生地に付着いたしますとその成分はずっと残ったままになり、中和を行わないとその時に影響がなくても後に色抜けとして目に見えて現れます。

ですのでどうしても見た目に応急処置が必要な場合には、乾いた紙ナフキンやお手持ちのハンカチで取り合えずは固形物質を取り除きます。

その後に紙ナフキンやお手持ちのハンカチを少しだけ水で濡らしてシミを擦らずに叩いてぼやかします。

その後はもう何もせずに染み抜きの得意なクリーニング屋さんにご相談下さいませ。

勿論の事、クリーニングISEYAのオノウエでもお受けしておりますのでご連絡下さいませ♪

ではでは~。

【気になるお気に入りのお洋服の染み抜きご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。