お家で洗っても全く動かない取れない色は無理には取ろうとせずにご相談下さいませ

インク等の取り切れないシミは何度も洗っている内にもっと取れなくなってきますので早めにプロに頼んで取り除きましょう

はい、以前からお洋服に付いていたのは分かっているけど取れないからそのまま放置してしまっているインクのシミはありませんか?

実は何度も洗っている内にドンドン生地に浸透して取れにくくなってきますので、何もせずに出来るだけ早めに染み抜きの出来るクリーニング屋さんに持ってご相談下さいませ。

おはようございますオノウエです。

染み抜きの適切な処理をプロにしてもらい、早めに対応してもらうのがお洋服にシミが残りにくい一番最善の方法なのです。

 

過度な応急処置で触ってしまいますと生地の繊維奥深くまで色が浸透してしまい非常に取れにくいシミに変化してしまいます

もしシミを触ってしまい広がったり取れなくなってしまった時には、それ以上広がってしまう前に直ちに中断して欲しいのです。

インク等は色んな成分が混ざっており簡単には取れにくく作られています。

油性の場合には油溶性の染み抜きを行い、水性の場合には水溶性の染み抜きを行って取り除きます。

最後に残る色(色素)の場合には漂白処理が必要になり、水にも油にも溶けない不溶性の成分に対しては物理的な力で取り除かないといけません。

朱肉やゲルインクの場合にはそれらの取れにくい成分が全部入っておりますのでお洋服に付いてしまった場合には取れにくいシミになります。

もしも応急処置を行ってシミが広がってしまったり全く取れなかった場合には、お近くに信用のおける行きつけのクリーニング屋さんにご相談下さい。

勿論当店でもお受けしておりますのでご連絡くださいませ。

ではでは~。

「お家では取れないシミのご相談お問い合わせフォームはこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。