何回も洗っても何回も漂白しても取れなかったサインペンのインクでも取り除く事が出来るかも知れませんよ

時間の経ってしまった何をしても取れなかったサインペンのインクでも諦めないでご相談下さいませ

はい、今回の事例はお父さんのシャツに落書きされたサインペンのインクのシミ抜きです。

お子様が色々な部分に落書きされたらしく洗剤や漂白剤を駆使しても薄くななったものの、完全に取り除く事は出来ない上にもう何をしてもインクが動かない状態になってしまったとの事です。

おはようございますオノウエです。

落とそうとして落ちなかったシミはインクに限らず生地の繊維に浸透してしまい、一度生地の奥深くに浸透してしまいますとそう簡単には取れなくなってしまいます。

ですが、そうなってしまってからでも殆どの場合が現状よりも良くなりますので是非ともご相談下さいませ。

 

少しシミを触ってみてシミが取れないと思ったら生地を傷めてしまうその前にその場で作業を止めてその後直ぐに何もせずにお持ちくださいませ

お洋服に付いてしまったサインペンや油性インクの文字を何とか消して欲しいとのご依頼は結構多くあります。

時間が経ってしまいますと生地によっては取れにくくはなりますが、殆どの場合には現状よりも気にならないぐらいには取り除く事が可能です。

 

自己処理によりインクが滲んでしまい他の個所に飛んで付いてる場合でも何とかなる可能性もあります。

もしもインクが広がってしまったり滲んでしまったりしても、何とかなるケースが殆どですので諦めてしまう前にお声掛け下さいませ!

ではでは~。

「全国宅配対応のお問い合わせメールフォームはこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。