ユニフォームの時間の経ったサインペンのシミでも取り除く事は知れませんよ可能かも知れませんよ

衣類に書いたサインペンを一部だけ部分的に消したり全て綺麗に消してしまう事も可能です

はい、ユニフォームにサインペンで書いた油性インクの文字を何とか消して欲しいとのご依頼は結構多くあります。

時間が経ってしまいますと生地によっては取れにくくはなりますが、殆どの場合には気にならないぐらいには取り除く事が可能なんですね。

おはようございますオノウエです。

ですが、たまに有名なスポーツ選手のサインを染み抜きする事もありますので、お預かりする場合にはシッカリとリスク説明をさせて頂きます。

その上で万が一の場合には保証は出来ない事をお伝えし、ご納得頂いた方に限りお預かりしておりますのでご了承くださいませ。

 

自己処理によりインクが滲んでしまいあちこちに付いてる場合でも何とかなる可能性がありますのでご相談下さいませ

ついつい何とかしようと自分で染み抜きを行う場合もあるとは思いますが、そんな時には先ずは目立ちにくい部分で一部だけテストしてから挑む事をお勧め致します。

取り除ける可能性があれば自己処理でサインペンの染み抜きも行う事も可能だとは思いますが、万が一に現状が酷くなってしまった場合には即座に中止してご相談下さいませ。

もしもインクが広がってしまったり滲んでしまったりしても何とかなるケースが殆どですので諦めてしまう前にお声掛け下さいませ♪

ではでは~。

「全国宅配対応のお問い合わせメールフォームはこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。