お洋服のシミで何が付いたか分からない場合には漂白剤は使わないでね

部分的なシミに漂白剤を使うのは一番最後の最後です

はい、お家で取れないシミの中のご相談で多いのが、
「シミを取ろうとして漂白剤を使ったら色が変色してしまいシミものこってしまった!」
と言うご相談です。

何が付いてしまったか分からない状態ですとなおさら漂白剤はキケンなんですね。
そのシミが漂白剤と反応して色が変色(違う色になる)したり脱色(色が抜けてしまう)したり致します。

おはようございますオノウエです。
とにかく何が付いたか分からない場合にはそれ以上触るのは止めましょう。

仮に漂白剤を付けてしまって色がしたりしたとしても、その後の処理の仕方によれば生地の傷み以外なら修復する事が出来るかも知れません。

もしも、漂白剤を使った場合にはしっかりと中和(残留成分を取る)して下さいね。

時間が経つと起こるかも知れない変色(違う色になる)や脱色(色が抜けてしまう)が酷くなるのを防げますからね。

どうにもならない時にはご相談下さいね。

ではでは~。

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。