いつ付いたのか分からないぐらい古い血液のシミの場合には変化して取れにくくなっている知れません

時間が経ってしまい洗っても取れない血液のシミは既に取れない状態に酸化している可能性があります

はい、血液のシミはお洋服に付いてしまっても直ぐなら水だけでも非常に取れやすく、水を付けてハンカチに移すように何べんも挟んでハンカチ側に血液を移すようにすれば付いて直ぐにシミ抜きする事で殆ど取る事が可能です。

ですが、そのまま時間が経ちその状態で温度や湿度が高い場所に放置してしまいますと非常に取れにくくなってしまうんです。

特にありがちなのは車のトランク等にスポーツジムやゴルフ後に忘れてしまい、アトピーや乾燥肌で掻いてしまい付いてしまった血液がそのまま酸化(腐食)して変化してしまいます。

おはようございますオノウエです。

もしもその様な時間が経ってしまった血液等のシミを見つけた場合には、古くなっていても今まで取れなくてもその現状よりは回復致しますのでご相談下さいませ♪

 

シミの付いた生地が色柄物の場合にはシミの下にある色が弱ってしまって生地の地色まで酸化して壊れてしまいシミ抜きをするとシミと一緒に傷んでしまった色も取れてしまう場合がありますのでご注意くださいませ

突然ついてしまった様な突発的なシミは、付いて直ぐになら何もせずにしみ抜きのプロにお願いすれば殆どの場合には綺麗に取り除く事が可能です。

取れにくいシミの特徴としては、時間が経ってしまった場合や過度な温度が掛かったり薬品で変色したり等の場合です。

変色は既にシミではなく生地の色変化の場合が多いので、お直しするには「特殊色修正(染色補正)」が必要になる場合もあります。

今回の時間が経って取れなくなってしまった血液のシミは「特殊部分しみ抜き」によって綺麗に取り除く事が出来ました。

血液のシミの場合にはしみ抜きのプロにお願いすればほとんどの場合(当社比99%)には取り除く事が可能です。

しかし、シミの下にある色(色素)が壊れてなくなってしまった場合には、色を修正して直すのには特殊技術が必要になりますので直せるしみ抜きのプロも限られてきます。

もしも「このシミは取れません」断られたらそれは色(色素)が変色しているかも知れませんので、そんな時にはコチラまでお声かけ下さいませ。

ではでは~。

「お家や他店で落ちなかったシミや変色した生地の色(色素)を修復する場合のお問い合わせフォームはこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。