古そうな黄色いシミは出来れば時間が経って生地の色が傷んで抜けてしまう前に取り除きましょう

シミの成分の種類にもよりますが食べこぼし等のタンパク質が原因のシミの場合には生地の色を破壊してしまう場合があります

はい、食べこぼし等のタンパク質が原因のシミの場合には、その保管状況によっては生地の痛みを進行させてしまう事があります。

特にカビの生えやすい様な高温多湿の状態が発生しやすい状態で、なおかつ水分のある環境下では食べこぼしのたんぱく質が腐食して生地の変色や色の消失等の様々な問題が起こってしまうんですね。

この様な食べこぼしの汚れによる変色や色抜けを防ぐ為には、常日頃からのメンテナンスで「水」を使って洗うのが一番です。

ただし、お洋服の種類によっては水洗いが出来ないお洋服もあります。

そんな時にはクリーニング屋さんの特殊洗浄方法である水洗い出来ないお洋服を商業ウエットクリーニングと言う方法で「水」を使用して洗浄するメニューの「W(ダブル)クリーニング」がおすすめなのです。

おはようございますオノウエです。

「W(ダブル)クリーニング」とは、汗や皮脂汚れを取り除く為に「水」を溶媒とした特殊溶剤に漬け込み衣類にダメージの大きな漂白剤等は使用せずに最小限の負荷でマイルドに汚れやシミを取り除く方法なんですね~。

 

「W(ダブル)クリーニング」で取り切れないシミは「特殊部分しみ抜き」で対応し色抜けには「特殊色修正(染色補正)」という特殊技術により無くなってしまった色を復活させる事がある程度は可能なのです

古そうな黄色いシミは目見見えて分かる状態になるまでに時間を掛けて生地にダメージを与えておりますので、生地のボリュームを演出する細かい繊維が腐食して消失してしまい糸が痩せてしまって繊維がフラットになってしまっている状態です。

その状態の生地繊維に過度な漂泊作用を掛けてしまいますと、繊維が変色したり糸が溶けて穴が開いてしまうんですね。

ですのでそうなってしまい手遅れになる前のメンテナンスが重要になってくるのです。

もしも、時間が経って生地の色が傷んで抜けてしまっても、「特殊色修正(染色補正)」を行えば完全には綺麗にならなくても着用レベルまで修復する事が可能な場合もあります。

生地の傷みが酷くニット生地の糸が切れたり破れていても、お直しリフォームすれば着用レベルまで復元する事も可能です。

もしもお家では何ともならない時間をかけて浮き出てきたシミを見つけた場合には簡単には取り除けないシミの可能性が高いのでご自分で無理はせずに先ずはご相談下さいませ。

ではでは~。

【時間の経ってしまった染みや変色のご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。