汚れやシミが完全に取り切れていない状態は保管中に生地や色に変化をもたらす事があるんですね

襟周りや袖口の他にもボタンホール回り等も皮脂汚れや汗が付着しやすい場所で時間が経つと黄ばみやシミが発生しやすいのです

はい、今回の事例は画像が少し分かりづらいのですがよく見るとボタンホール回りが黄色く変色してしまっています。

この黄色いシミは何かが付いて出来たシミではなく保管中に時間をかけて浮き出てきたシミなのです。

おはようございますオノウエです。

特にボタンホール周辺は生地が幾重にも重なっている部分もあり凸凹していますので、非常に擦れや皮脂汚れが付着しやすくが発生しやすく生地も傷んだりしやすいのです。

 

色柄物の場合には色の元である色素がお洗濯で取り切れずに残ったシミが時間を掛けて変化する時に一緒に傷んでしまい色褪せや変色を誘発してしまいます

今回の事例の様な淡色系のお洋服の場合には、少しでも食べこぼしのシミ等がお洗濯で取り切れずにお洋服に残っておりますと後に変化しやすく目立ってきます。

こういった黄ばみの場合には時間をかけて浮き出てくる過程の間に色素を破壊してしまい色褪せや変色を発生させて色が変化してしまうのです。

取り除こうとして漂白剤を使用いたしますと黄ばみが取れても生地の色まで抜けてしまったという状況になってしまうんですね。

お洋服の漂白剤事故の殆どの場合が塩素系漂白剤を使用した場合ではありますが、実は酸素系漂白剤でも濃度が高い場合や長時間酸素系漂白剤に漬け込んだり温度を上げたり致しますと同じ事が起こりえます。

なので漂白剤を使用する際には必ずラベルに記載されております「使用上の注意」をシッカリと読んで内容を熟知した上で使用致しましょう。

今回は黄ばみだけを取り除く事に成功致しましたがもしも色が無くなってしまった場合には、特殊技術の「色修正(染色補正)」が必要になります。

もしもの場合には染み抜きのビフォー&アフター事例が確認出来る染み抜きの得意なクリーニング屋さんに相談致しましょう。

勿論の事、当店でもお受け出来ますのでご相談下さいませ♪

【遠方からでもお着物の染み抜き等のご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。