皮脂の汚れや汗の成分が付いたままで時間が経ちますと色は傷んでしまいます

生地や色素が傷んでいる状態でも見た目には色の変化が分からない場合があります

はい、冒頭の画像は色柄物の生地をイメージした画像です。

生地の繊維に色が付いている大体の場合には、その繊維の中に色(染料)が浸透しているか、もしくは繊維の上に色(顔料)が乗っているかのどちらかになります。

おはようございますオノウエです。

それを踏まえた上で、その生地に汚れが付いた場合にはこの様なイメージになります。

 

汚れが付着したままですと短時間でも長時間でもその条件によっては生地や生地の色(染料・顔料)を痛めてしまいます

生地の上に汚れが付いてしまいますとこの様なイメージになります。

更にこの汚れの影響により、場合によっては汚れの下にあった色(色素)が傷んでしまい部分的に壊れてしまいまうんですね。

その状態でお洗濯や漂白やシミ抜きを行いますと、汚れは取り除けてもその汚れの下にある色(染料・顔料)まで汚れと一緒に無くなってしまいます。

その時に初めて目に見えて「汚れは取れたけど色が薄くなった!」なんて事が起こってしまうのです。

 

色が無くなったり薄くなってしまった色が変色した様に見えてしまうのが「変色や脱色」と言う状態なのです

もっと最悪なのは汚れやシミも完全に落ちていない上に、生地の下にあった傷んでしまった色まで一緒に流れてしまう事です。

そうなりますと汚れやシミを再び徹底的に落とした上に、無くなってしまった色を再び復元する事が必要になってくるんですね。

もしも、濃色のお洋服の色が抜けてしまい白っぽくなってしまっても、実は色を直せばまだまだ着用出来るかも知れないんです。

そんな時には諦めずにクリーニング屋さんの特殊技術である「色修正(染色補正)」をオススメ致します。

無くなってしまった色は特殊技術でお直しして、また再び着用出来る様に致しましょう♪

ではでは〜。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニングのご要望はコチラ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。