薄手で大きく広げて使用するアイテムは知らない間に見えない部分にシミや汚れが付いている事が多いのです

知らない間に引っ掛けてしまい糸引きが発生したりホツレ穴も空いてしまう事もありえます

はい、マフラーやストールやショールは気が付かない間にシミや汚れが付いている事が非常に多いんですね。

使用中に引っ掛けたりする事も多くよく見ると何処かしらにシミや傷がある事も多いです。

おはようございますオノウエです。

使用時には首にゆるめで巻く事も多く、お肌に直接触れるのでファンデーションや皮脂汚れが付きやすい状態です。

なのでお家クリーニングで水洗いだけを続けておりますと、取りきれない皮脂汚れが蓄積して酸化してしまいその部分から時間を掛けて変色や脱色を起こしてしまう事もあるのです。

 

クリーニング屋さんドライクリーニングは皮脂やファンデーションなどの油性の汚れに対しては特にその洗浄効果を発揮致します

皮脂汚れが多く付いている状態で時間が経ってしまいますと、その間にジワジワと温度がかかり空気とも反応して色も変化してくる事があるんですね。

そんなシミは時間が経てば経つほどに取れにくくなりますので、シミを発見した時点で早めのメンテナンスをオススメ致します。

時間の経ってしまったシミは生地や色(色素)も弱らせてしまっておりますのでその取り扱いには十分に注意が必要です。

もしその状態で強力な漂白等を行ってしまいますと一気に生地の劣化ぎ促進してしまい、濃色の柄のあるお品物の場合には色素が抜けたり変色したりしてしまいます。

そうなる前に是非ともご相談下さいませ。

もしそうなってしまってからでも、クリーニング屋さんの特殊技術である「特殊部色修正(染色補正)」を行えば直せるかも知れませんのでムリはせずにご相談下さいね♪

ではでは〜。

【遠方の場合の染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。