梅雨の季節にはご用心!お洗濯しても取れない黄色やオレンジ色のシミが付いてしまうかも知れませんよ

錆は雨の日に建物から滴る水滴に含まれている事が多くお洋服に付いてしまう場合が非常に多いのです

はい、お家で何度洗っても染み抜きしても取れないシミってありませんか?、実はそれ錆を含んだ水が付いてしまった可能性が非常に高いんですね。

錆(さび・サビ)とは金属が空気中の酸素や水分等によって化学反応を起こし、腐食した時に色が変化した状態になり出てくるのですがお洋服に付いてしまいますと厄介なシミの一つなんですね。

おはようございますオノウエです。

お家では中々取れにくい錆(さび・サビ)ですがクリーニング屋さんの場合でしたら普通のクリーニングでは無く「特殊染み抜き」でなら殆どの場合には取り除く事は可能なのです。

 

鉄は空気や水分によって放置しておりますと腐食して錆びてしまい鉄錆はお洋服に付いてしまいますと生地や色(色素)傷めてしまいます

付属品の鉄製品小物等がある場合には水に濡れている状態ですと、鉄の部分が水分と反応してそのままの状態で長期保管致しますと錆が発生する事があります。

そしてその状態ですと更に問題があります。

付属品や安全ピンやホッチキスの針がお洋服に付いたまま錆が発生しておりますと、その状態で漂白してしまった場合には錆の金属が触媒になり漂泊作用を促進して過剰反応が起こり繊維を溶かしてしまうのです。

そうならない為にも衣類に付いてしまった鉄錆は早めに取り除いてしまいましょう。

もしもお家でのお洗濯で取れないシミを発見した場合には、早めにプロの「特殊染み抜き」でシッカリと対応いたしましょう。

ではでは~。

【お近くにご相談出来るクリーニング屋さんが無い場合のご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。