何故クリーニング屋さんの店頭では何のシミが付いたか聞かれるのか教えて欲しいです

あらかじめシミがどんな性質か分かっていれば処理も比較的スムースに行えます

はい、先日にお預かりしたシミ抜きのお仕事ですが、ドコで付いたのか何が付いたのかは分からないけどサビ(鉄錆)の様なものとお伺いいたしました。

この様な見た目ですと洗っても取れなかったからサビ(鉄錆)かもと思われたようです。
何が付いたか分からないシミの場合にはこの様に今までの経験や記憶から判断する事が多いようです。

黄色ならカレーとか茶色ならチョコレートとか赤なら血液とかそんなイメージですよね。

あらかじめシミがどんな性質か分かっていれば処理も比較的スムースに行えるし、シミの取れるイメージが出来やすいのでその為の目安としてシミの種類をお伺いするんですね。

でも、
お伺いしたシミとは限らない時もありますよね。

ところでクリーニング屋さんでは何が付いたか分からないシミの時にはどうしているか知っていますか?
そんな時には実は最初にお客様からお伺いしたシミの種類は頭の片隅に記憶しながらセオリー通りにしみ抜きを行っていきます。

おはようございますオノウエです。
セオリー通りと言うのは比重や成分により階層になって付いているシミの一番上にある油の油膜を取り除くために最初に油性処理を致します。

どんな時にでも手順をスッ飛ばさないで基本通りに順番に行う事がシミ抜きでも大切なんですね♪

 

シミ抜きでも何が付いているのかどう取れるのかのしみ抜きのイメージをしながらしみ抜きをする事が重要です

シミ抜きの処理は基本的には油性処理をしてから水溶性処理をしてその後に残った色素や不溶性の不純物を順番に取り除きます。

その時にあらかじめお客様にお伺いしていたシミがどこの段階でヒットするのかを想定しながら、そのお伺いしていたシミに特に効果があるシミ抜き剤をチョイスしたりして通常より少し長い時間を掛けてシミ抜きしたり致します!

そして頭の中で薬品の濃度や温度や時間によってシミが取れるイメージをしながらシミ抜きいたします。

ですので最初にお伺いする「何のシミが付いたか分かりますか?」は重要なんですね♪

あっ、
ちなみに今回のシミは油性の処理を行った時に少し反応しましたので、サビ(鉄錆)ではなく酸化してしまい取れにくくなってしまった油のシミだと言う事が分かりましたから強力な油性処理で落しました。

と言う事で、
何のシミが付いたか分かっているもしくはそうかも知れないと言う場合にはぜひ教えて下さいね♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。