濃色のシャツに色が濃く見える様に付いた油のシミは水を浸けて擦っても漂白しても取れません

「擦る」という行為は生地に汚れが浸透するのを促進させるだけでなく生地自体にも毛羽立ちや風合い変化などを起こしますので行なわない様に気を付けましょう

はい、例えばお気に入りのお洋服にお料理の油がかかってしまった時にはついつい慌てて油なのに水やおしぼりでゴシゴシ取ろうとしてしまいます。

しかも火を使って調理したお料理の油は温度をかけて高温で調理をしているのでさらに取れにくい油に変化しています。

ですのでお洋服に付きますとただでさえ中々取れません。
そんな時に一番してはいけない行為のナンバーワンは「擦る事」なのです。

「擦る」という行為は生地に汚れが浸透するのを促進させるだけでなく、生地自体にも毛羽立ちや色落ち等の変化を起こしますので気を付けましょう。

おはようございますオノウエです。
黒や紺のシャツについてしまった濃く見える油汚れは応急処置の方法によっては白けてしまいますのでご注意を!!

 

油のシミは水を使用して取る場合には洗剤(界面活性剤)が必要になります

ちなみにいきなり漂白剤を使用される方もおられるのですが油のシミは漂白剤では取れません。

漂白剤は酸化作用により色素を破壊して色を取る効果なので、油分をシッカリとを取らずに使用した場合には逆に油が酸化して余計に取れにくい油のシミに変わります。

ですので先ずは油分を取る事が必要です。
その為にお水でお洗濯する時には必ず洗剤(界面活性剤)が必要なんですね。

それでも油が落ちなかったり色が抜けてしまったりする事はあります。

ですが、

実は「油汚れを落とす」のはクリーニング屋さんでは超得意とするところなのです。

なんせ油落としのクリーニング専門であるドライクリーニングが出来るのはクリーニング屋さんだけですからね。

お家で落ちない油汚れはクリーニング屋さんにおまかせ下さいませ。
油汚れの応急処置には色を剥げさせたりしない様にくれぐれもお気を付け下さいね。

もしも色が抜けてしまって無くなっても修正は可能な場合もありますのでご相談下さいませ~

ではでは~。

「お洋服のシミ抜きや色抜けによるお問い合わせ」はコチラ

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。