ネクタイは水分を含みますと型崩れや色滲みが起きたり擦りますと白く毛羽立ちが起こりやすいです

ネクタイのシミはお家ではもちろん洗わない方が良いですがドライクリーニングだけでも基本的にはシミは落ちにくいです

はい、ネクタイですがもちろんポリエステル等で出来ているウオッシャブルネクタイでない限り、お家で洗う事は殆どないとは思います。

やはり基本的にネクタイをクリーニング屋さんが洗う場合でも水を使用致しません。
何故なら水を使用すると生地が膨潤(膨らむ)して型崩れを起こすからなんです。

さらには、ネクタイはシルクで出来ている場合には色も染色が弱いお品物が多いので水を使うと色が滲む場合もあります。

ですのでネクタイはドライクリーニング致します。
ドライクリーニングは水を一切使用しないので生地を膨潤(膨らむ)させて型崩れする事が無いからです。

おはようございますオノウエです。
でもですね。
食べこぼし等のネクタイの汚れは洗うだけでは取れませんので、部分的なシミ抜きが必要になって来るんですね~♪

 

食べこぼし等の水溶性のシミはドライクリーニングすると油分と水分が飛んでカサカサにはなりますが完全には落ちません

ネクタイに限らず水溶性の食べこぼし汚れが付いたら水を使ってお洗濯するか、部分的にその食べこぼしの付いた部分をシミ抜きをしないと基本的には取れません。

プロのシミ抜きはその汚れている部分だけに洗剤や漂白をピンポイントで行い中和して水ですすぐ事が可能なんです。

プロのお洗濯でも洗うだけでオールOKと言う様な万能の方法はありません。
ですのでご家庭のお洗濯となりますとなおさら万能洗剤や万能しみ抜き剤も無いんですね。

そういうピンポイントの汚れやシミ抜きは、専用の機材と薬品と知識と経験がありその相乗効果により、より確実な汚れやシミ抜きを取り除く成功率を上げる事が出来るのです。

 

 

プロは通常水洗いできない表示のお洋服でも生地や状態によっては弱い水洗いや特殊水溶性溶剤に漬け込んだりと水を使います

例えば生地が水分を含んで膨潤(膨らむ)して型崩れを起こしても、元の状態に復元出来る様に仕上げる機械と専用の設備と人の技術があります。

お家では出来ない事をする事が出来れば喜んでくれる方も増えると思いますので、対応できる限りの事はさせて頂きますよ♪

『しみ抜き全国対応お問い合わせフォームはこちら』

『クリーニングISEYAのホームページはこちら』
https://www.siminuki-1ban.com/

ではでは~。

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。