通常水洗いできないネクタイでも生地や状態によっては水に漬け込んだり特殊処理を致します

ネクタイは型崩れや色が滲んだり擦りますと白く毛羽立ちが起こりやすいのでですお家ではもちろん洗わない方が良いです

はい、ネクタイは基本的に生地がシルクの場合が多く水洗いに耐えられる生地ではありません。

その上に摩擦にも弱く擦ってしまいますと生地が白くなって毛羽立ってしまったり、型崩れや擦り切れ等も起こりやすく非常に物理的なダメージに弱いと言えます。

水が付いてしまって濡れるだけでもシミになってしまう確率も高くメンテナンスには気を使わないといけないお品物でもあるんですね。

ですので、ネクタイの水洗いはクリーニング屋さんでも余程の事がない限り復元の技術が無いと再生出来ないので水洗いはしない所が多いです。

しかしながら、ドライクリーニングだけでは水溶性の食べこぼし汚れ等のシミは基本的には落ちにくいです。

おはようございますオノウエです。

そんな時にはシミのある個所だけをピンポイントで特種部分染み抜きを行って取り除くんですね。

 

ネクタイに水を使用すると生地が膨潤(膨らむ)して型崩れを起こすし染色が弱いお品物が多いので水を使うと色が滲む場合もあります

ネクタイは大体のクリーニング屋さんではドライクリーニングを行います。
ドライクリーニングは水を一切使用しないので生地を膨潤(膨らむ)させて型崩れする事が無いからなんですね。

しかしドライクリーニングの汚れを落とすメカニズムは、衣類の表面に付いている油膜を取る事でその油膜を接着剤代わりに付いている埃や汚れを落とす方法です。

なので当然の事ながら食べこぼし等の水溶性の汚れには、油以外の成分も含まれておりますのでドライクリーニングでは取り除く事が出来ないのです。

今回の汚れは油分を多く含んだ水溶性の汚れでしたが、既に応急処置で擦られている事もあり見た目にはスレで生じた生地の変化は完全には戻りませんでした。

この様に擦っても食べこぼし等のネクタイの汚れは取れるどころかダメージを負ってしまいますので、擦らず水も使わずお持ちいただく方が無難です。

部分的な特殊シミ抜きも可能ですので、ネクタイが汚れたりシミが付いてしまった時にはご相談下さいね♪

ではでは~。

『しみ抜き全国対応お問い合わせフォームはこちら』

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。